「錦玉子」の基本の作り方♪ おもてなしや祝い事に最適◎

四季折々の年中行事やお祝い膳・おせち料理に華を添える「錦玉子」の作り方をご紹介します。一見手の込んだ料理に見える錦玉子ですが、材料も作り方もシンプル。手作りのひと品で、みんなに「お料理上手!」と褒められちゃいましょう♪

錦玉子(にしきたまご)の作り方

錦玉子

Photo by suncatch

黄色と白が鮮やかな錦玉子は、お正月のおせち料理やお祝い膳を華やかに彩るひと品。黄身を金、白身を銀にたとえ、美しい織物である「錦(にしき)」と二色の語呂合わせで、縁起のよい料理とされています。

この錦玉子、実は卵と砂糖・塩さえあれば、とても簡単に作れるんです。冷蔵庫に卵があれば、さっそく作ってみましょう!

材料(4人分)

錦玉子の材料

Photo by suncatch

・卵……4個
・砂糖……大さじ4
・塩……少々

作り方

1. ゆで卵を作る。

茹でている様子

Photo by suncatch

お鍋に卵を入れ、卵が浸る量の水とお酢少々(分量外)を加えます。中火にかけ、沸騰後は中弱火で12分ゆでて、固ゆで卵にします。
白身と黄身を分けたようす

Photo by suncatch

ゆでた卵は殻をむき、黄身と白身に分けます。 白身の表面がきれいにむけなくてもOKですが、白身の内側についている黄身の残りは、そっと水で洗い流しましょう。

2. 裏ごしする。

裏ごしている様子

Photo by suncatch

白身をザルなどで裏ごしして、砂糖大さじ2杯・塩少々を加えて混ぜます。
さらに混ぜている様子

Photo by suncatch

黄身も裏ごしします。残りの砂糖・塩を混ぜます。

3. 耐熱容器に入れて蒸す。

容器に移しラップをかけた様子

Photo by suncatch

四角い耐熱容器に大きめのラップをしき白身を入れ、ヘラで平らにします。上に黄身をふんわりとのせ、平らにします。(容器は約10cm角・高さ4cmを使用)
蒸している様子

Photo by sunscatch

ラップでふんわりと包み、湯気の立った蒸し器に容器ごと入れます。蓋をして5分蒸します。

3. 盛り付ける。

特集

SPECIAL CONTENTS