あっと驚く!「ゆで卵のきれいなむき方」ならこれで一発オッケー!

ゆで卵は意外と、短時間で殻を綺麗にむくのは難しいですよね。しかし、むき方のコツをしれば、なんと一瞬でつるん!とむくことができるんです!調理の時間を短縮するためにも、絶対に知っておいて損はありません。主婦の方、必見です。

ゆで卵の綺麗なむき方のコツとは?

ゆで卵は使用頻度も高く、便利な食材ですよね。

でも、使いやすいのに敬遠してしまう理由が。それは「殻がうまく剥けない」ことや、「殻を剥くのがめんどくさい」ことではないでしょうか。最悪の場合は白身が大分残念な量になってしまうことも。

しかし、この方法を使えばあっという間に殻を剥くことができるんです!早速試してみてはいかがでしょうか?

ゆで卵、綺麗にむく下準備は?

ゆで卵にする卵は、新鮮すぎない方がいいと言われています。もしも新鮮なものと賞味期限が近いものがあるときは、後者を選んだほうがより殻を剥きやすいでしょう。

また、卵はなるべく直前まで冷蔵庫で冷やしておくのがいいんだそう。熱湯に入れた時の温度差がポイントです。もし室温になってしまっていた場合は、氷水に入れるなどしてなるべく冷たくなるようにしましょう。

ゆで卵の正しいむき方を試してみよう!

ゆで卵は、まず茹でるときにぐらぐらに煮立ったお湯に卵をいれる方が、綺麗にむける確率が上がるのだそう。

さらに大事なのは茹で上がった後です。

ゆで卵を氷水の入ったボウルに入れ、冷蔵庫に入れます。


卵が冷えたら、軽くテーブルに打ち付けます。そのあとそのまま軽く力を加えてながら卵を一回転させます。絶対一回転ですよ!往復させたり何度もやってはいけません。何度もやると、卵が潰れて割れてしまう可能性があります。特に半熟卵は要注意です。
もうすでに殻が白身から浮いているのがわかりますね。感動の一歩手前です。ここまでくればあとはもう剥くだけ!
手で簡単にぽろっと剥がすだけで、こんなつるんと剥けちゃうんです!
動画で見ると、殻が剥けるシーンではあまりに簡単で気持ちよいくらいです。感動すら覚えますよ。

動画はこちら

これでもうラーメンの具やお弁当を作るときにイライラしなくて済む!本当に目からウロコの豆知識でした。特別な道具がいらないのもうれしいですね。

ゆで卵のきれいなむき方、試してみて!

いままで苦戦して来た分感動も大きいので、これからはより一層ゆで卵を使う機会が増えそうです。ゆで卵は普通のサイズのものだけではなく、コツを掴めばうずらの卵のような小さな卵でも綺麗に剥けるんです。

まずは大きなサイズの卵で挑戦してみたあと、皆さんもぜひ試してみてくださいね。
▼ゆで卵を上手に作りたいときは、こちらもチェック!

特集一覧

SPECIAL CONTENTS