ローディング中

Loading...

シュウマイや蒸しパン、さつまいもなど、蒸し器の上手な使い方ってご存じですか?蒸し器ってなんか面倒で難しそうと思われがちですが、コツさえつかめば簡単に使いこなせるのです。今回は蒸し器の基本的な使い方とポイントをご紹介します!

蒸し器でおいしく調理しよう!

自宅でもふかし芋や中華まんが作れる蒸し器。茶碗蒸しやプリンも蒸し器で作ると、おいしいですよね。蒸し器は蒸気で間接的に火を通す調理法で、慣れていないと難しいのでは、と思っている方も多いはず。

ここでは、蒸し器を使う際のポイントやコツをご紹介します。簡単に出来る方法ですので、ぜひ調理に取り入れてみましょう。蒸し器で作るおいしいレシピも合わせてチェックしてくださいね!

基本的な蒸し器の使い方と手順

1. 蓋にふきんを巻きつける

ここでは、一般的なステンレス製蒸し器の使い方をご紹介します。

まず、調理に入る前に蓋にふきんを巻きつけます。ふきんを巻きつけることで、料理が水っぽくなるのを防ぎ、よりおいしく仕上げるのです。ふきんを蓋と本体の間にはさむだけでもいいのですが、万が一、ふきんに火が付くと危険なので、しっかり上に折りこみ結んだ方が、安全に調理ができるのでオススメです。

2. お湯を沸かす

お湯はたっぷり5~7割ほど入れ、しっかりと沸騰してから蒸し始めます。ここでお湯を入れすぎてしまうと、沸騰した時に素材にかかってしまいます。逆に水が少なすぎた場合は空焚きとなり、火災の原因となるので注意しましょう。

3. 内鍋の中に素材を入れる

お湯がしっかりと沸いて、蒸気が出ていることを確認したら、内鍋の中に素材を入れます。素材を入れたものが二段ある場合、蒸している途中で一度上下を返すと、均一に火を入れることができます。また、蒸し時間が長い時は、お湯が無くならないように注意して、足らない場合はお湯を足していってください。

4. 火加減を見ながら蒸しあげる

蒸しはじめてからも、火加減には注意が必要です。中強火のほどの火加減で、中のお湯が冷めないようにキープすることが重要。また、レシピ等に記載されている蒸し時間よりも、その素材に合わせて必ず火が通っていることを確認しつつ、調整しながら仕上げていきましょう。

蒸し器の使い方のポイント

蒸し器を使う際、先ほどもご紹介したとおり、お湯の量や火加減の調整が大切で、食材の仕上がりにも違いが出てきます。ここでは、蒸し器の使い方のポイントを掘り下げてご紹介します。上手な蒸し方を覚えておいしい蒸し料理を頂きましょう!

蓋に巻くふきんについて

ステンレスの蒸し器を使用する場合、ふきんを巻いておくのが良いというのは先にも記載したとおり。そのふきんを使う際、できれば薄手の長いサイズがおすすめです。

薄いふきんであれば、鍋蓋をくるんで結ぶことができ、安全に使用できます。また、大きなふきんや、てぬぐいも巻き付けやすく便利でしょう。今後は、蓋にふきんを巻きつけて、今までの水っぽい出来上がりとはおさらばです!

お湯の量

これも繰り返しにはなりますが、水は多すぎず少なすぎず5~7割程度入れることを心がけてください。そして、火にかけてしっかりと沸騰させますが、容器の中に十分な蒸気が上がっていない場合、仕上がりが水っぽくなってしまったり、臭いが残ってしまったりすることがあります。おいしく仕上げるためにも、よく沸騰させることが大切です。

素材の並べ方

茶わん蒸しを作る場合は、素材の並べ方にもコツがあります。それは、容器と容器の間をきちんと等間隔で並べること。容器同士がくっついていると、均等に火が通らず仕上がりにムラが出て来てきてしまいます。また、沸騰してから蒸し器へ入れることも忘れないでくださいね。

火加減

関連タグ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

映画の世界を食卓に!飯島奈美さんの「かもめ食堂」レシピ

人気日本映画「かもめ食堂」に登場する、飯島奈美さんのレシピをご紹介します。数々の映画のフードスタイリストを手がけ、レシピ本も出版した飯島奈美さんの料理は、どれも真心こもった温かいものばかり。「かもめ食堂」ファ…

イタリアのおつまみパン「グリッシーニ」のレシピ

ワインのお供にも欠かせない、イタリア生まれのおつまいパン「グリッシーニ」についてまとめてみました。実は簡単に作れるので是非お試しください♡

主婦のお悩み解消!鶏肉をおいしく焼く方法

私も経験ありなんですが鶏肉、特に鶏むね肉をフライパンで焼くとパサついてしまいます。どうにか美味しくジューシーに焼けないものかといつも悩んでました。今回その悩みを解消してくれる素敵な調理法があったのでご紹介しま…

綺麗な人は知っている!?「キウイ」の栄養と簡単レシピ5選

比較的通年にスーパーなどで手に入る「キウイ」。今回はそんなキウイの期待できる効果や栄養などをご紹介します。美容健康効果を求める方は、積極的に摂取したいフルーツですよ。毎朝食べたい簡単レシピもまとめたので、ぜひ…

たまごソムリエ直伝!「温玉ソフトクリーム」のレシピ - 密かなブームの兆し

まさかソフトクリームとあの食べ物が組合わさるなんて…。新作スイーツをソムリエさんからのアドバイスのもと、今回は漫画喫茶(笑)で作ってみました。これはパンケーキなんてものじゃない!次の流行になるのでは?!∩(´…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

パスタにもおにぎりにも!「お茶漬けの素」の無限アレンジレシピ

ご家庭によくある「お茶漬けの素」ですが、パスタやおにぎりなど、色々なアレンジレシピに活かせるということをご存知だったでしょうか?ただお茶漬けにするだけではもったいないですよ!これでお料理の幅がぐっと広がること…

あけてビックリ!おもてなしにピッタリな「シュープリーズ」レシピ6選

シュープリーズと言うお料理がこの頃人気をじわじわと集めているようです。シュープリーズとは英語で「surprise」ビックリするという意味です。パーティーなどにぴったりな一品。一体どんなお料理なんでしょうか?

お酒がすすむ♩ヘルシー志向におすすめのベジつまみ7選

動物性の食材を使用しない、ベジタリアン仕様のお酒のおつまみレシピをご紹介!ベジタリアンでなくても、野菜がたっぷり食べられてヘルシーなら、食べない手はないですよね!?おいしく食べて、楽しく飲んでヘルシーなんてう…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

その差は4倍!保存する場所で変わる味噌の正しい賞味期限

味噌の賞味期限は保存方法によって、大きく変わってしまうことをご存知でしょうか?保存方法によっては、最大で約4倍もの差が出てしまうんです。今回は味噌の賞味期限を知ることで、そのおいしさを正しく保つ保存方法をご紹…

アイルランド版肉じゃが?「アイリッシュシチュー」は日本人も親しみやすい料理と評判

アイルランドの郷土料理で一番有名なのが「アイリッシュシチュー」。ラム肉とお野菜をことこと煮込んだ、体あたたまるシチューです。ここではそんなアイリッシュシチューのレシピやおいしいお店をご紹介します。ヨーロッパの…

注いだ瞬間に凍る?「みぞれ酒」は、新感覚の飲みやすい日本酒

「みぞれ酒」をご存じでしょうか?日本酒をシャーベット状に凍らせた新感覚の飲み方です。会席のコースなどに出てくることが多いのですが、実は自宅でも作ることができちゃうんです。そんな「みぞれ酒」の魅力や作り方につい…

ページTOPに戻る