意外と難しい!蒸し器の使い方【シュウマイ・蒸しパン・さつまいも】ガイド

シュウマイや蒸しパン、さつまいもなど、蒸し器の上手な使い方ってご存じですか?蒸し器ってなんか面倒で難しそうと思われがちですが、コツさえつかめば簡単に使いこなせるのです。今回は蒸し器の基本的な使い方とポイントをご紹介します!

蒸し器でおいしく調理しよう!

自宅でもふかし芋や中華まんが作れる蒸し器。茶碗蒸しやプリンも蒸し器で作ると、おいしいですよね。蒸し器は蒸気で間接的に火を通す調理法で、慣れていないと難しいのでは、と思っている方も多いはず。

ここでは、蒸し器を使う際のポイントやコツをご紹介します。簡単に出来る方法ですので、ぜひ調理に取り入れてみましょう。蒸し器で作るおいしいレシピも合わせてチェックしてくださいね!

基本的な蒸し器の使い方と手順

1. 蓋にふきんを巻きつける

ここでは、一般的なステンレス製蒸し器の使い方をご紹介します。

まず、調理に入る前に蓋にふきんを巻きつけます。ふきんを巻きつけることで、料理が水っぽくなるのを防ぎ、よりおいしく仕上げるのです。ふきんを蓋と本体の間にはさむだけでもいいのですが、万が一、ふきんに火が付くと危険なので、しっかり上に折りこみ結んだ方が、安全に調理ができるのでオススメです。

2. お湯を沸かす

お湯はたっぷり5~7割ほど入れ、しっかりと沸騰してから蒸し始めます。ここでお湯を入れすぎてしまうと、沸騰した時に素材にかかってしまいます。逆に水が少なすぎた場合は空焚きとなり、火災の原因となるので注意しましょう。

3. 内鍋の中に素材を入れる

お湯がしっかりと沸いて、蒸気が出ていることを確認したら、内鍋の中に素材を入れます。素材を入れたものが二段ある場合、蒸している途中で一度上下を返すと、均一に火を入れることができます。また、蒸し時間が長い時は、お湯が無くならないように注意して、足らない場合はお湯を足していってください。

4. 火加減を見ながら蒸しあげる

蒸しはじめてからも、火加減には注意が必要です。中強火のほどの火加減で、中のお湯が冷めないようにキープすることが重要。また、レシピ等に記載されている蒸し時間よりも、その素材に合わせて必ず火が通っていることを確認しつつ、調整しながら仕上げていきましょう。

蒸し器の使い方のポイント

蒸し器を使う際、先ほどもご紹介したとおり、お湯の量や火加減の調整が大切で、食材の仕上がりにも違いが出てきます。ここでは、蒸し器の使い方のポイントを掘り下げてご紹介します。上手な蒸し方を覚えておいしい蒸し料理を頂きましょう!

蓋に巻くふきんについて

ステンレスの蒸し器を使用する場合、ふきんを巻いておくのが良いというのは先にも記載したとおり。そのふきんを使う際、できれば薄手の長いサイズがおすすめです。

薄いふきんであれば、鍋蓋をくるんで結ぶことができ、安全に使用できます。また、大きなふきんや、てぬぐいも巻き付けやすく便利でしょう。今後は、蓋にふきんを巻きつけて、今までの水っぽい出来上がりとはおさらばです!

お湯の量

これも繰り返しにはなりますが、水は多すぎず少なすぎず5~7割程度入れることを心がけてください。そして、火にかけてしっかりと沸騰させますが、容器の中に十分な蒸気が上がっていない場合、仕上がりが水っぽくなってしまったり、臭いが残ってしまったりすることがあります。おいしく仕上げるためにも、よく沸騰させることが大切です。

素材の並べ方

茶わん蒸しを作る場合は、素材の並べ方にもコツがあります。それは、容器と容器の間をきちんと等間隔で並べること。容器同士がくっついていると、均等に火が通らず仕上がりにムラが出て来てきてしまいます。また、沸騰してから蒸し器へ入れることも忘れないでくださいね。

火加減

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう