魚卵の種類、いくつ知ってる?魚卵を使ったおすすめレシピ5選

独特の食感や風味がクセになる魚卵。これさえあれば、ごはんもお酒もどんどん進んじゃうという方も多いのではないでしょうか♪今回の記事ではたらこやいくらといった定番以外の珍しい魚卵や、ぜひ試していただきたいおすすめレシピについてもご紹介いたします。

2018年10月5日 更新

そもそもどこまでが「魚卵」?

「魚卵」という言葉は、その文字のとおり魚介類の卵のことを指しています。とはいっても私たちが食べ物として扱っている「魚卵」は、卵として産まれてしまう前のもののことであるのが一般的で、産卵する前の魚介類の卵巣を取り出したものや、卵巣をほぐしてひと粒ひと粒の状態にバラしたもののことを「魚卵」と呼んでいます。

「魚卵」の種類はさまざま

スーパーでもよく見かける、身近な「魚卵」

たらこ(スケソウダラやマダラの魚卵)

おにぎりの具やパスタソースでもおなじみですね。卵巣を塩漬けにしたもので、卵のひと粒ひと粒はとても小さいです。もともとはベージュ色やピンクがかったクリーム色をしていますが、加工の段階で見慣れたピンク色になります。辛く味付けしたものは、明太子に。

いくら(鮭やマスの魚卵)

おすし屋さんでおなじみのいくらは、鮭やマスの卵巣をほぐして、卵をひと粒ひと粒の状態にしたもの。6mmくらいの大粒タイプと3mmくらいの小粒タイプがあり、大粒のものは鮭の卵、小粒のものはマスの卵であることが多いです。鮭のものの方が、お値段はお高め。

かずのこ(にしんの魚卵)

にしんの卵巣でプリプリ、プチプチとした食感が特徴的です。日本で売られているものは、天日干しか塩漬けか味を付ける加工がされているものがほとんど!そのなかでも干しかずのこは、高級珍味として珍重されています。
1 / 5
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

goofy_2s

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう