ライター : kii

調理師

製菓衛生師、食育インストラクター、フードコーディネーター。「おいしい料理で人を幸せにする」をモットーに、レシピやお料理のコツなどの情報発信を行っています。ブログやYouTubeで…もっとみる

調理師直伝!小松菜のおひたしの作り方

Photo by 調理師/kii

ゆでた小松菜を、浸し地に漬け込む、基本のおひたしです。シャキッとした歯触りと、やさしい出汁の味わいを楽しめます。シンプルなひと品は、幅広い和食の献立に合わせられますよ。

材料(4人分)

Photo by 調理師/kii

・小松菜……1束(約250~300g)
・和風出汁……200cc
・醤油、みりん……各大さじ1杯

・塩(小松菜をゆでる用)……少々
・かつお節(仕上げ)……適量

作り方

1. 浸し地を作る。

Photo by 調理師/kii

出汁、醤油、みりんを鍋に入れます。中火にかけ沸騰したら火を止めて、そのまま冷ましておきましょう。

2. 小松菜に切り込みを入れ、水につける。

Photo by 調理師/kii

小松菜をきれいに洗い、根元に5mmほどの切り込みを十字に入れます。ボウルに水を張り、小松菜の茎を15分ほどつけておきましょう。

※切り込みを入れて水につけることで、小松菜がよりみずみずしくなりますよ。

3. 小松菜をゆでる。

Photo by 調理師/kii

お湯をたっぷりと沸かし、塩を加えます。小松菜を手で立てるように持って、根元の茎からお湯に入れましょう。

※塩を加えたお湯で小松菜をゆでることで、変色を防いで鮮やかな緑色に仕上がります。
※塩の量はお湯の0.5%ほどが目安。だいたい1Lで小さじ1杯分です。

Photo by 調理師/kii

10秒経ったら、葉もお湯に入れます。菜箸で小松菜全体を沈めて、1分ほどゆでましょう。

※シンプルな調理方法のおひたしは、野菜の食感がおいしさの大切なポイント!シャキシャキした歯触りを残すために、ゆで過ぎないよう気をつけましょう。

4. 冷水に入れて色止めする。

Photo by 調理師/kii

ゆでた小松菜を冷水が入ったボウルに移し、色止めします。

特集

FEATURE CONTENTS