小松菜のおひたしの基本レシピ。レンジを使った人気アレンジも必見

小松菜のおひたしは作るのがむずかしいと思う方も多いと思いますが、実は基本をマスターすれば弁当や夕ごはんの副菜に大活躍します。小松菜の保存方法や基本レシピだけではなく、白だしやめんつゆのシンプルな味付けや具材にエリンギを使用したアレンジレシピもご紹介。あなたもぜひ作ってみませんか?

2019年10月31日 更新

ゆであがったらしっかりと絞る

小松菜の粗熱がとれたら、すぐに根元の部分をそろえて集めて持ち上げて、軽く絞ってざるにあげます。そのままにしておくと、栄養成分が溶け出してしまうのでNG。余分な水分を絞り出すときは、手元から順番に葉先に向かってぎゅっと絞りましょう。

小松菜のおひたしの人気レシピ5選

1. いつものお浸しにちょい足し「小松菜と卵のおひたし」

ちりめんじゃこ&ゴマの食感が楽しめる、小松菜と卵のおひたしです。卵の黄色がアクセントになっていますよね。あっさりとした副菜を食べたいときに、おすすめのメニューです。手まり寿司やにゅうめんと組み合わせれば、ちょっとしたごちそうメニューに。

2. 白だしがポイント「小松菜とおあげの煮浸し」

お揚げの甘さと小松菜の組み合わせ、白だしのやさしい味わいが懐かしくてたまらないひと品です。冷凍保存も可能なので忙しいときに電子レンジで解凍すれば、すぐに食卓に出せますよ! お好みで一味唐辛子をかけて召し上がれ。小松菜を冷凍保存したものは使うときは水気をよく切ってくださいね。

3. めんつゆで簡単!「小松菜のおひたし」

小松菜をまるごとラップで包んで電子レンジでチンするだけの簡単な料理です。レンジで蒸した小松菜をサッとゆでて、めんつゆとかつお節をかけるとできあがりなので、時短料理にピッタリ。めんつゆの量はお好みで調節してください。

4. 桜えびがほのかに香る「小松菜と油揚げの煮浸し」

小松菜のおひたしに桜えびをプラスした風味豊かなアレンジレシピです。油揚げ桜えびを炒めて、香りを引き出すのがポイント。桜えびは油揚げよりも火の通りが早いので、油揚げに焼き色がついてから桜えびを炒めるようにしましょう。

5. エリンギの新しい食感「小松菜とエリンギのお浸し」

小松菜にエリンギを加えた新しい食感のおひたしです。エリンギはしんなりなるまで、中火で炒めるといいです。小松菜は粗熱がとれた後は、しっかりと水気を絞ること。小松菜とエリンギを混ぜ合わせたあとは、しばらくなじませてから器に盛りつけましょう。
3 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

調理師 製菓衛生師 kii

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう