おふくろの味!「おからの煮物」のレシピ&アレンジアイデア3選

しっとりあっさり、懐かしい味の「おからの煮物」。甘辛い味付けは飽きがこなく、何度でも食べたくなりますよね。今回は、簡単レシピからアレンジ、リメイクまで幅広くお届けします。気になるカロリー情報や、日持ちしやすい保存方法も一緒にチェックです♪

2019年12月16日 更新

ライター : TAMA39

「笑う門には福来る」をモットーに日々奮闘中。。。の主婦です。全国のオシャレなCaféやグルメの旅に出るのが夢です(^.^)宜しくお願いしますm(__)m

「おからの煮物」の基本レシピ

Photo by TAMA39

ほくほくした食感でありながらなめらかな口当たりで、やさしい風味を楽しめる「おからの煮物」。和な食卓にはぴったりなおからの副菜、自宅でサクッと作ることができます。たくさん作ったら冷凍保存しておけるので、常備菜として活用するのもおすすめです。

材料(4人分)約238kcal/人 (※)

Photo by TAMA39

・おから……200g ・油揚げ……1枚 ・にんじん……1/4本 ・干しシイタケ……小2~3個 ・サラダ油……大さじ3杯 ・酒……大さじ3杯 ・みりん……大さじ3杯 ・醤油……大さじ3杯 ・砂糖……大さじ2杯 ※飾りに絹さやなどの青物があると、彩りがよくなります。

作り方

Photo by TAMA39

1. 干しシイタケは、200cc程度のぬるま湯で戻しておきます。戻し汁は使いますので、残しておいてください。

Photo by TAMA39

2. にんじんと油揚げを千切りにします。

Photo by TAMA39

3. 戻した干しシイタケを千切りにします。戻し汁はダシとして使うのでとっておきます。

Photo by TAMA39

4. フライパンに少量の油(分量外)を熱し、千切りしたにんじん、油揚げ、干しシイタケを軽く炒めます。

Photo by TAMA39

5. おからと分量の油を入れ、よく混ぜ合わせるように炒めます。

Photo by TAMA39

6. 干しシイタケの戻し汁を入れ、全体にいきわたるようによく混ぜ合わせます。

Photo by TAMA39

7. 酒、みりん、醤油、砂糖を入れ、よく混ぜ合わせます。

Photo by TAMA39

8. 水気がなくなるまでよく炒めます。焦げ付かないよう、中火で炒めます。

Photo by TAMA39

9. 水分がなくなり、しっとりとしてきたらできあがりです。味が薄いようなら、少し醤油を加えます。

Photo by TAMA39

10. ゆでた絹さやなどをのせれば、色どりもきれいに仕上がります。

保存方法と日持ち

Photo by TAMA39

冷蔵保存

おからの煮物は水分を多く含みますので、冷蔵庫での保存は3~5日くらいがベストです。中に入れる具材によっては早く食べきってしまうことをおすすめします。冷蔵庫ではなるべく空気に触れないように密封容器で保存しましょう。

冷凍保存

たくさん作ってしまったときは、冷凍保存がおすすめです。水分を含んでいる分カチコチになってしまうので、食べる分だけ小分けにして、ラップや密封袋を使って空気に触れないよう保存します。食べるときは自然解凍していただきましょう。

特集

FEATURE CONTENTS