ライター : KIBO LABO キボー ラボ

調理師 / フードコーディネーター

山口県山口市出身。東京での雑誌記者を経て、ライターをしています。大学・病院案内、行政の観光情報などの固いものから、グルメ・美容まで幅広いジャンルを執筆。イタリア料理とスペイ…もっとみる

簡単!ざくろの食べ方

皮の剥き方

まずはざくろのとがっている部分を切り落として、次に白い房の筋にそって皮の部分に軽くナイフで切れ込みを入れていきます。手で白い房ごとパカっと割るように分解していくと、実の部分がキレイに現れますよ。 上手に割ることができないときは切れ込みが浅いので、実に届かないようにナイフを深く入れてみてくださいね。

食べ方

ざくろの実はそのまま食べることができ、潰してジュースにして飲むこともできます。サラダやカルパッチョの上に彩りよく実をのせたり、ヨーグルトの中に入れて食べるのもおすすめ。甘酸っぱさがアクセントになって味の幅が広がります♪ ジュースにするときは、そのままだとちょっと酸っぱいかもしれません。そんなときはハチミツやシロップ、ほかの果汁と割って、ほどよい甘さにしてみてくださいね。

食べるときのコツ

果肉部分を食べたいときは、かち割ったざくろをボウルにはった水の中に入れて、丁寧に実をはがしてみてください。実がボウルの下に沈むので、取りやすくなります。

ざくろの種は食べられるの?

ざくろの実の中には小さな種がありますが、そのまま食べることもできます。ですが硬めの食感なので、食べにくいと感じるかもしれません。 「種も含めて一緒に食べたい!」という方は、ミキサーにかけて果肉と一緒に潰し、スムージーなどにして飲んでしまいましょう♪

ざくろの保存方法は?食べごろは?

保存方法

ざくろの保存方法は、実の部分だけを基本的に空気に触れさせずに保存することで日持ちします。ジップロックに入れたら平らになるように、身を入れると潰れることがありません。冷凍もでき、使うときは常温に戻したら食べることができますよ。 冷蔵保存は直ぐに傷んでしまいますが、冷凍保存をしておくと安心ですね。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS