刺身の場合

水道水1リットルに対し、大さじ1.5くらいの塩(海水より少し薄いくらい)を入れ、塩水を作ります。その塩水でまぐろを軽く洗い、キッチンペーパで表面を拭き取りましょう。 さらにジップロックに入れて密閉し、1時間ほど氷水へつけておきます。1時間ほどつけたら、まぐろを取り出してキッチンペーパーで包んで冷蔵庫で半日~1日ほど置けばできあがりです♪

切り身の場合

ボウルに水と氷を入れ、ジップロップのまま1時間ほど氷水につければOK。急いでいる場合は、流水に20分ほどつければ大丈夫ですよ。 どちらの方法も、魚を直接水につけてしまうと旨みが逃げてしまいますので注意してください。

まるごと冷凍の場合

ボウルに水を張り、ジップロックのまま流水に浸します。なるべく時間をかけずに一気に解凍しましょう。半解凍の状態で、内臓を取り出すと作業がとてもしやすいですよ♪

旨味そのまま!調理も簡単!おすすめ下味冷凍レシピ5選

1. 白身魚の西京味噌漬け

タラを西京味噌、みりん、酒を合わせたタレで漬け込めばできあがり。みりんを入れてほんのり甘めに仕上げるのがポイントです。 できるお魚はタラ以外にもサワラや金目鯛、鮭などなんでもOK。作り置きしておけばいつでも食べられますし、ご飯にピッタリと合うのでお弁当のおかずにもおすすめですよ♪

2. ぶりのみりん粕漬け焼き

ぶりをみりん粕とお味噌などに漬け込んだひと品です。冷凍することで調味料の旨みがたっぷりと染み込みます。解凍したら、粕やお味噌を取り除いてグリルで焼けばできあがりでとっても簡単ですよね♪ これなら時間のないときでも簡単にひと品できちゃいます。時間のあるときに、まとめて作り置きしておくのがおすすめです。

3. 鮭の味噌漬け

味噌、酒、みりん、砂糖を合わせたダレに、生鮭を漬けたレシピです。すべての材料をジップロックに入れて冷凍庫で保存をすればOK。食べたいときに解凍して、お味噌を取り除きグリルで焼けば、ほんのり甘い鮭の味噌漬けのできあがりです。 白いご飯に合わせていただきたいひと品ですね♪
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS