ライター : 伊藤 千亜紀

フードアナリスト

刺身の冷凍はNG?保存方法ポイントまとめ

お刺身の冷凍方法をご存じでしょうか?冷凍すると食感が悪くなってしまいそうなお刺身ですが、コツをおさえて正しく保存すれば冷凍後もおいしく食べられます。といっても、お魚によって保存期間は異なるので、しっかり把握しておくことが大切です。

お刺身は買ったその日のうちに食べるのが基本と思っていた方も、正しい冷凍保存法を知れば、お刺身が食卓に登場する機会が増えるかもしれませんよ。

刺身の保存はチルド室がベスト

刺身を保存する際は、基本的にチルド室がベストです。チルド室以外の場所で冷凍保存すると劣化が早くなり、冷凍焼けを起こしてしまうことがあります。チルド室なら、食品を冷凍させる直前の温度を保つことができます。お刺身の風味も食感も衰えず、おいしいままで食べられますよ。

刺身の上手な保存方法

刺身を保存する際は、必ずドリップの処理をしなければなりません。これを怠ると、生臭さが残ってしまいます。生臭さが残る以外にも、変色して見た目が悪くなる可能性も。面倒ですが、このひと手間を惜しまないことがおいしく食べるためのポイントです。

また、魚は手早く処理することが、旨みを逃さない秘訣。室温をなるべく低くした環境でおこなうことをおすすめします。

魚のチルド保存の仕方

  1. 室温をなるべく低くする
  2. パックから取り出し、水気をしっかりとキッチンペーパーで拭き取る
  3. ドリップ処理をした刺身をキッチンペーパーで包み、水分を取り除く
  4. キッチンペーパーの上からラップで包み、手早くチルド室に入れる
また、魚の種類によって保存期間が変わります。長く保存したい場合は、冷凍保存をするようにしましょう。

【種類別】保存期間目安

  1. まぐろ、ぶりなどの大型の魚……3日以内
  2. ヒラメ、鯛、鮭などの白身魚……2日
  3. さば、いわし、あじ、さんまなどの青魚……当日中

刺身の冷凍方法

魚の冷凍保存は、味が落ちてしまうためおすすめできません。食べきれなかった分をどうしても保存したい……という方は、こちらの方法を参考に冷凍してみてください。

冷凍の仕方

まずキッチンペーパーで押さえ、ドリップを取り除きましょう。このとき力強く押さえずに、軽く押さえる程度でいいです。その後は、刺身をフリーザーバックに入れて急速冷凍をします。チルド室がない場合には、金属トレーの上にのせるといいでしょう。

柵のままがおすすめ

刺身を冷凍する際は、できるだけ柵のままがおすすめです。切った刺身は包丁によって雑菌がついているからです。また、切り身が小さいことから劣化が早くなり、味が落ちやすくなってしまいますよ。

編集部のおすすめ