バランスよく華やかに♪お刺身にピッタリな献立案7選

今夜はお刺身!でも他のおかずはどうしよう……?そんなお悩みにお答えする、献立案7選をご紹介します。味の相性はもちろん、栄養バランスもバッチリ◎買ってきて並べるだけの便利なお刺身ですが、副菜を工夫することで豪華な食卓になりますよ♪

刺身の副菜は何にする?献立案7選

買ってきてそのまま食卓に並べられる、便利なおかず「お刺身」。魚の旨みをシンプルに味わえるお刺身は、日本食の定番とされている料理ですよね。

今回は、そんなお刺身と合わせたい、献立案7選をご紹介します。ボリューミーな刺盛をメインに使うときや、好きなお刺身だけを副菜として作るときなど、種類別にご提案!バランスの良い「一汁三菜」を取り入れた献立を、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.「刺身盛り合わせ」がメインの定食風レシピ

【汁物】豆腐のお吸い物

お刺身には、味の邪魔をしないサッパリとした汁物がよく合います。特に華やかな刺盛に合わせるなら、メインを引き立てるようなシンプルなお吸い物を取り入れましょう。レシピでは具材に三つ葉と豆腐を使っていますが、タケノコやオクラなど季節の旬の野菜を使うと、料亭のような雰囲気が演出できます。

ITEM

絹こし豆腐

内容量:1パック(300g)

¥45〜 ※2018年7月6日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

【副菜】茶碗蒸し

見た目はインパクトのある刺盛ですが、お肉に比べるとボリューム感が気になるところ。具沢山の副菜をあわせることで、程よい食べ応えに調整することができます。こちらの茶碗蒸しは、鶏もも肉、エビ、カマボコ、シイタケなど、主菜にもできるほど具沢山!あっさりと上品な味付けなので、お刺身と味の相性も抜群です。

【副菜】水菜と白菜のおひたし

汁物や副菜に野菜は入っているものの、栄養バランスを高めるために、もうひと品野菜を使った副菜を作りましょう。水菜と白菜のおひたしは、シャキシャキの食感がアクセントに。隠し味に使うちりめんじゃこからおいしいダシがでるので、簡単でも本格的な味付けに仕上がります。野菜をほうれん草や菜の花に変えてアレンジしてもOK!

ITEM

国産 白菜

内容量:1個

¥290〜 ※2018年7月6日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

2.「マグロの刺身」に合わせる献立レシピ

【汁物】シンプルとろろ汁

日本人はもちろん、世界中から愛されている「マグロ」。あっさりとしていながら濃厚で甘さがあり、丼やお寿司にも使われています。

そんなマグロと合わせる汁物は、すり下ろした長いもを使ったとろろ汁。マグロととろろは、山かけにして食べられているほど相性のよい食材です。汁物として組み合わせることで、新しいおいしさが発見できるはず♪

特集

SPECIAL CONTENTS