夏にお弁当を作るときの注意点って?傷ませないコツやレシピも

毎日お弁当作りを頑張っている方で、夏場のお弁当に頭を抱えている人は多いのではないでしょうか?今回は傷めないためのコツや対策を伝授。コツを覚えて梅雨や暑い日のお弁当作りを乗り切りましょう!一緒にお弁当に入れたいおかずレシピも参考にどうぞ♪

2019年6月3日 更新

POINT2:しっかり加熱する!

どんな調理でも、しっかりと加熱することがポイントです。

冷凍食品などでも、そのまま入れてお昼時には解凍されているといった手軽なものも増えましたが、夏場はおすすめしません。解凍すると水分が出て、そこから菌が繁殖するからです。そのような食品を使う場合でも、夏場はしっかりとレンジなどで加熱をしましょう。

また、残りもののおかずを使う場合にも、お弁当箱に詰める前に一度火を通すことをおすすめします。

POINT3:おにぎりはラップで握る

乾燥しているときには気にならない素手でのおにぎりも、夏場は避けたほうが無難です。それはもともと手についている常在菌で菌が繁殖する可能性があるからです。おにぎりを握るときは、ラップで形を整えながら握ることをおすすめします。

そして、おにぎりを携帯する際に一番おすすめしたいのは竹の皮。昔ながらのお弁当には、通気性と抗菌作用を考慮した知恵が詰まっています。今では手に入りにくいものなので、代わりに市販されているおにぎり用の抗菌ラップなどを使用するといいでしょう。

夏のお弁当、避けたいおかずと注意したいおかず

避けたほうがいいおかずとは?

ふだんは気にしていなくても、暑いがために腐食が進むおかずもあります。避けたいおかずの中でも一番のものは、水分の多いおかず。煮詰めるとOKな煮物でも水分が多いとNGになりますから気を付けましょう。きちんと水分を切って詰めれば大丈夫です。

そして、具によっては傷みやすい混ぜご飯、半熟の卵、じゃがいもやかぼちゃの煮物、野菜のお浸し、カットしたトマト、漬物などは傷みやすく避けたいおかずです。

子供に人気のたらこや明太子も傷みやすいので避けましょう。

注意をしたいおかずとは?

避けたいものとは別に、詰めるときに注意したいおかずもあります。それは、かまぼこやちくわ、はんぺんなどの練り製品とハムやソーセージなどの食肉加工品です。

なかでもチーズと一緒になっているチーズインちくわやチーズインウィンナー、チーズはんぺんなどは注意が必要です。もちろん、絶対ダメというわけではありませんが、それらを詰める際には、水分が多いものの隣に置くことは避けましょう。心配であれば、ちくわを磯部揚げにする、ソーセージを炒めるなどきちんと加熱しましょう。

夏のお弁当、おすすめおかずレシピ8選

1. こんにゃくの煮物

ネギとこんにゃくの煮物は、濃い味付けでお弁当にイン。お家のおかずとして食べるにはだし汁があってもいいですが、お弁当にいれる場合は、だし汁がなくなるまでしっかりと煮詰めましょう。薬味を散らせば彩りがいいですね。
2 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

mikki_no

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう