夏にお弁当を作るときの注意点って?傷ませないコツやレシピも

毎日お弁当作りを頑張っている方で、夏場のお弁当に頭を抱えている人は多いのではないでしょうか?今回は傷めないためのコツや対策を伝授。コツを覚えて梅雨や暑い日のお弁当作りを乗り切りましょう!一緒にお弁当に入れたいおかずレシピも参考にどうぞ♪

2019年6月3日 更新

夏のお弁当、傷めないためのコツをチェック!

POINT1:調理前はしっかりと手を洗う

何かと気を遣う夏のお弁当作り。一番気を遣うところは、やはり菌の増殖ではないでしょうか。菌をすべて取り除いての調理は難しいですが、数%でも減らせるのであるなら対策は講じておきたいですよね。

それには、調理前にしっかりと手を洗うことが大切です。洗ったあとの手拭きももちろん清潔なものでおこなうことがポイント。

POINT2:道具はしっかり洗い、しっかり乾かす

お弁当箱や箸箱など毎日洗っているお弁当グッズも、暑い時期はとくに清潔を心掛けておきたいもの。

ステンレス製、プラスチック製とありますが、一番気を付けたいところは、フタにパッキンがあるタイプのものです。毎日洗う必要はなくても、夏場は3日に一度はパッキンを外して洗いましょう。そして、どれもしっかりと乾かすことがポイントです。

半渇きのまま収納するとそこから湿気て菌が繁殖しやすくなります。パッキンなどについたカビは菌が大好物なもの。繁殖を防ぐには、カビを生えさせないことです♪

POINT3:お酢や梅干しなど酢酸の力を借りる

お弁当グッズはきちんと洗うこと以外にも菌を防ぐ方法があります。お酢や梅干しなどに含まれる酢酸の力を借りる方法です。

お弁当を洗ったあと、お酢を含ませたキッチンペーパーで拭いたり(アルミのお弁当箱では腐食のおそれがあるので向きません)、ご飯を炊くときにお酢を入れたり、あらかじめ梅干しを入れてご飯を炊くなども方法のひとつ。

梅干しを1個お弁当にいれる方法もありますが、その近辺しか効果が得られません。完全に菌の繁殖が防げるというわけではありませんので覚えておきましょう。
1 / 7

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

mikki_no

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう