11. ぶりのみぞれ鍋

お酒に合いそうなぶりの切り身と焼きネギのみぞれ鍋をご紹介します。おいしく作るポイントは、はじめにごま油でぶりとネギをこんがりと焼くこと。あとは出汁と酒、しょうゆで10分ほど煮込むだけです。とても簡単にできて、お店の味わいですよ♪

12. つみれとごぼうのみぞれ鍋

これまで、鶏ひき肉や豚ひき肉を使った団子が入ったみぞれ鍋をご紹介しましたが、こちらはさんまのつみれが入ったレシピ。しょうががたくさん入ったつみれとごぼうから、おいしい出汁が出てうまみのある味に仕上がります。今回はしょうゆで味付けしていますが、味噌をといて入れてもおいしい!

13. しっとり鶏むね肉のみぞれ鍋

パサパサになりがちな鶏むね肉を、しっとりおいしく食べられるみぞれ鍋をご紹介します。ポイントは、鶏むね肉に片栗粉や日本酒、薄口しょうゆ、しょうがを揉み込んでおくこと。ツルっとして、やわらかい食感に仕上がります。ダイエットにもおすすめのヘルシー鍋です。

14. さば水煮缶でみぞれ鍋

こちらは大根おろしアートのクマさんがのった、とてもかわいいみぞれ鍋ですが、一番のポイントがさばの水煮を具に加えているところ。青魚独特のくさみもあまり感じられず、むしろさばからほどよい塩味といい出汁が出たコクのある鍋になります。どんな味付けにしてもおいしくいただける、アイデアみぞれ鍋です。

15. 焼き餅とベーコンのみぞれ鍋

最後は焼いた餅と厚切りベーコンが入った、和と洋がコラボしたみぞれ鍋です。大根はおろしと短冊切りにして2種類の食感を楽しめます。お出汁や水菜、菜の花など、どれも和の味わいですが、ベーコンが加わることで風味がガラっと変わり、野菜嫌いなお子さんでも喜んで食べてくれる鍋です。

体にやさしいみぞれ鍋で家族団らん♪

寒い冬が旬で一段と甘みが増す大根。その大根おろしをたっぷりと入れていただくみぞれ鍋は、ぽかぽかと芯から体を温めてくれる最高のごちそうですね。もちろん冬だけでなく大根は一年中ある人気の根菜ですので、季節に関係なくみぞれ鍋を楽しめます。 お肉や魚などいろんな具を加えておいしいみぞれ鍋ですが、本来は大根のおいしさを味わうためのもの。ありあわせの野菜や豆腐を入れる程度にして、たまにはシンプルに楽しんでみてはいかがでしょう。
▼よろしければこちらの記事もご覧ください
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS