大量買い置きしよう!冷凍保存できる野菜とその方法【保存版】

お野菜を大量にゲットしたら、ぜひ試したい方法は冷凍保存。今回は冷凍できるお野菜と、その方法をご紹介します。お野菜によって下処理や冷凍方法も違いますので、ぜひチェックしてくださいね。意外なお野菜も冷凍保存ができちゃうかもしれません!

2018年5月25日 更新

ねぎ

長ネギは、斜めの薄切りやみじん切りなどにして、ラップでくるんでからポリ袋に入れて保管するのがおすすめです。もちろん青い部分も同じように保管しましょう。臭みを取りたいお料理のときに重宝しますよ。

小ねぎや万能ねぎは、薬味用に小口切りにして冷凍しましょう。少量ずつ取り分けてポリ袋に入れて凍らせます。しばらくしたら軽く揉んで、中身をパラパラにしましょう。

冷凍できる主な野菜一覧<その他>

ブロッコリー

お弁当のスキマおかずとしても便利なブロッコリーだって、冷凍保存して便利に使っちゃいましょう。まずはブロッコリーを小房に分けて、よく洗います。電子レンジに対応しているタッパーに入れ、1分半ほど加熱しましょう。ポリ袋に入れてジッパーを閉めます。このとき、空気を抜かないのがポイントです。

もちろん茎も冷凍保存することができますよ。その場合は、茎の皮の部分を厚めにカットして乱切りにしてから加熱しましょう。

アスパラガス

アスパラガスも、お弁当に入れたいお野菜のひとつ。さっと水洗いしたら、下の硬い部分を切りおとします。そのあと使いやすい長さに切り分けましょう。電子レンジに対応しているタッパーに入れたら1分半ほど加熱します。ジッパー付きのポリ袋に入れたら、空気を抜かずに凍らせます。全体が凍ったら軽く振って、中身をバラつかせましょう。

炒めものに使う場合は、小口切りにしておくとそのまま使えて便利ですよ。
4 / 7

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

motte

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう