大量買い置きしよう!冷凍保存できる野菜とその方法【保存版】

お野菜を大量にゲットしたら、ぜひ試したい方法は冷凍保存。今回は冷凍できるお野菜と、その方法をご紹介します。お野菜によって下処理や冷凍方法も違いますので、ぜひチェックしてくださいね。意外なお野菜も冷凍保存ができちゃうかもしれません!

2018年5月25日 更新

じゃがいも

じゃがいもは特に冷凍保存に向いている食材です。輪切りや角切りなど、使いたいお料理に合わせてカットしたらそのまま冷凍保存しましょう。ただし、じゃがいもは冷凍すると、時間とともに切り口が部分的に茶色や黒っぽい色に変色してしまうことも。また自然解凍すると、ピンクがかった茶色になってしまいます。

その色が気になる場合には、カレーや煮物など、しっかりと色が付くお料理に使うといいでしょう。

さつまいも

甘くておいしいさつまいもは、冷凍保存をしてもそのホクホク感が失われることはありません。輪切りや角切りなど、使いやすい切り方で保存してくださいね。茹でたり炒めたり、揚げたり煮たりなど、いろいろな調理方法で楽しむことができます。

自然解凍をするとスジに沿って黒ずんできてしまうので、調理に使う際は凍ったまま使用するのがいいでしょう。時間短縮にも繋がって、一石二鳥ですね。

れんこん

足が速い食材であるれんこんは、冷凍保存が断然おすすめ!輪切りや薄切りにして保存をしましょう。れんこんは冷凍すると、時間とともに茶色っぽく変色します。解凍するとさらに色が濃くなりますので、気になる場合には煮物やきんぴらなどにするとよいかもしれません。

食感は生のまま調理したときと遜色なく、れんこん独特のシャキシャキ感を楽しむことができます。これは冷凍保存しない手はありませんね。

冷凍できる主な野菜一覧<葉物>

2 / 7

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

motte

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう