ライター : motte

都内に住む主婦です。1歳&4歳の娘と、日々育児という名の格闘中です♡好きなことはおいしいものを食べること、食品サンプルを眺めること、旅行、編みもの。英語とフランス語が大好きで…もっとみる

冷凍できる野菜を覚えておこう!

お野菜がいつもより安く手に入ったら、たくさん買って保存しておきたいもの。そんなときにぴったりな方法が冷凍保存。お野菜をしっかり冷凍しておけば、使いたいときにさっと使えて便利ですよね♪ ところで、お野菜には冷凍保存に向いているものとそうでないものがあるって知っていましたか?せっかく冷凍保存にするなら、おいしさもキープしたいですよね。今回は、冷凍保存にぴったりなお野菜とその保存の仕方をご紹介します。

冷凍できる主な野菜一覧<根菜>

大根

根菜の代表である大根は、輪切りやいちょう切りなど、調理方法に合わせて切って保存しましょう。大根は冷凍してから調理すると、短時間で味が染み込みやすくなるというメリットもありますよ。特に煮物やお味噌汁などに向いています。 ただし、大きく切ったまま冷凍してしまうと、スジが残ったような食感になることもあるのだそう。もし気になる場合は、いちょう切りにして味付けをしっかりと付けるとおいしく食べられそうです。

にんじん

にんじんは輪切りやいちょう切りにして冷凍するのがおすすめです。冷凍することで食感に大きな変化はありませんが、少しにんじん独特の香りが強くなることがありますので、にんじんの香りが苦手な方はご注意くださいね。 にんじんは冷凍しているときには見た目の変化はありませんが、解凍すると皮の部分が黒く変色します。その変色が気になる方は、皮を厚めに取り除くといいでしょう。

じゃがいも

じゃがいもは特に冷凍保存に向いている食材です。輪切りや角切りなど、使いたいお料理に合わせてカットしたらそのまま冷凍保存しましょう。ただし、じゃがいもは冷凍すると、時間とともに切り口が部分的に茶色や黒っぽい色に変色してしまうことも。また自然解凍すると、ピンクがかった茶色になってしまいます。 その色が気になる場合には、カレーや煮物など、しっかりと色が付くお料理に使うといいでしょう。

さつまいも

甘くておいしいさつまいもは、冷凍保存をしてもそのホクホク感が失われることはありません。輪切りや角切りなど、使いやすい切り方で保存してくださいね。茹でたり炒めたり、揚げたり煮たりなど、いろいろな調理方法で楽しむことができます。 自然解凍をするとスジに沿って黒ずんできてしまうので、調理に使う際は凍ったまま使用するのがいいでしょう。時間短縮にも繋がって、一石二鳥ですね。

特集

FEATURE CONTENTS