ライター : kinako

料理やお菓子を作ること、食べることが大好きです。作り方のコツやポイントとともに、さらにおいしく味わえるよう、素材や料理の背景にもさり気なく触れられれば、と思っています。

王道!ねぎ焼きのレシピ6選

1. ソースなしでもおいしいねぎ焼き!

青ねぎをたっぷり使って作るねぎ焼きです。薄力粉・卵などの生地には和風だしの素と塩も入れるため、味はしっかり。焼き上がりにソースなどをかけなくてもOKです。鰹節は、焼きあがった生地表面のほか、生地のタネにも混ぜると風味が出ます。生地はダマにならないようしっかり混ぜましょう!

2. 白だしdeねぎ焼き風お好み焼き

生地には青ねぎのほか、天かすとかつお粉が入っています。かつお粉なので口当たりもやさしく、風味もしっかり。具材を混ぜたらフライパンかホットプレートを使って焼き上げます。レシピのようにソースとマヨネーズを芸術的にかけてもオシャレ!ポン酢でさっぱりいただいてもおいしいですよ。

3. 青ねぎたっぷりのねぎ焼き

直径20センチほどのねぎ焼きに、青ねぎが200グラムも!ねぎは生地に入れる前、顆粒だしの素を合わせ5分ほどおいておきます。生地に入れたら、粘りが出るまでしっかり混ぜるのがポイントです。フライパンでしっかり焼いて、ソースで味付けしていただきましょう。マヨネーズをかけてもおすすめ。たっぷりねぎを採れるレシピです。

4. ねぎの青い部分と牛肉のねぎ焼き

調理にあまり時間をとりたくない!でもちょっと食べたい、という時におすすめのレシピです。小口切りにしたねぎや小麦粉、卵や牛肉などの材料をすべてボールに入れ、焼いたらできあがり。時短・簡単、洗い物も少なめです。小腹が空いた時や、お酒のおつまみにしてもおいしくいただけます。

5. 青ねぎとおかかたっぷりのねぎ焼き

こちらも小口切りにしたねぎと材料を混ぜ、焼くだけの簡単レシピです。ねぎを切った際、小麦粉や片栗粉などを軽くまぶしてから水を入れるのがポイント。なくてもOKですが、ピザ用のチーズを入れてもおいしくいただけます。ねぎがたっぷりなので、甘くておいしいねぎが手に入った時などもおすすめです。

6. シンプルにおいしいねぎ焼き

青ねぎのみを使った大阪風のねぎ焼きです。ちなみに、東京風のねぎ焼きはねぎの白い部分を使うことが多く、関東と関西で違いがみられます。シンプルなねぎ焼きですが、牛すじを入れたりアレンジしてみてもOK。また、レシピではしょう油をかけていただきますが、ポン酢でもおいしくいただけます。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS