6. コクのあるスープ。白菜と豚肉のにんにくみそ鍋

パンチのある味で食べたいときにおすすめなのが、こちらのにんにくみそ鍋。材料はシンプルなのにコクがあり、もの足らなさは感じませんよ。体がぽかぽか温まり、クセになるおいしさ。ピリ辛にしたい場合は、豆板醤を加えるのもおすすめです。しっかりした味付けで、ごはんのおかずになりますよ。

7. 食べごたえあり。とろとろロール白菜鍋

Photo by macaroni

豚ひき肉を白菜で包む、ロール白菜鍋のレシピ。ボリューミーなロール白菜は、レンジで加熱した白菜を使い、2重に巻きましょう。くたくたに煮えた白菜がやわらかく、ジューシーな旨味を含んだだし汁がたまらないおいしさ。れんこんを加える肉だねは、シャキッとした食感も楽しめますよ。

8. ピリ辛味で体が温まる。白菜と豚肉のうどん鍋

中華だしと和風つゆで作る、白菜と豚肉のうどん鍋。マイルドな味わいですが、赤唐辛子や一味唐辛子を加え、ピリ辛に仕上げます。火の通りやすい具材を使うので、煮込む時間はかかりません。白菜もうどんもたっぷりと食べられるので、体が温まりおなかがいっぱいになりますよ。

鶏肉を使う白菜鍋の人気レシピ5選

9. 後味すっきり。鶏肉と白菜のゆずしょうが鍋

Photo by macaroni

輪切りのゆずをトッピングする、鶏肉の白菜鍋です。ゆずの果汁や皮がスープにも入るので、風味たっぷり。鶏ガラスープの素や昆布茶のだしに、鶏肉から出る旨味が溶け込みます。しょうがも入るため、後味はすっきり。ゆずの代わりに、すだちやかぼすでアレンジしてもよいでしょう。

10. 新食感。白菜と鶏つくねのとろろミルフィーユ鍋

Photo by macaroni

ミルフィーユ鍋ととろろ鍋をドッキングするレシピ。れんこん入りの鶏つくねを、白菜にはさんで作ります。しょうゆベースのだし汁に鶏つくねの旨味、とろろのふんわりした食感が加わって新食感。白菜鍋ながら、満足度は抜群ですよ。つくねを丸める手間がかからないのも、うれしいですね。

11. レパートリーに加えたい。ピェンロー鍋

ピェンロー鍋とは、鶏肉や豚肉、白菜、春雨などを干ししいたけの戻し汁で煮る鍋のこと。こちらは鶏肉をだし汁が冷めた状態から煮込み、塩のみでシンプルに味付けします。鶏肉やしいたけの旨味を白菜がたっぷりと吸い、ペロリと食べられますよ。少ない材料で作れるので、鍋のレパートリーに加えてみて。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ