7. 潮の香りのたこツナめし

塩麴に漬けてひと晩ねかせたタコは、旨みたっぷり! あとはツナ缶を油ごと入れて、きざみショウガを加えたら炊飯器におまかせです。潮の香りがする炊き込みご飯は、あとひくおいしさ。ショウガの辛みがアクセントになった、味わい深い炊き込みご飯です。

8. ツナと切干大根の柚子こしょう炊き込みご飯

炊いてる間にだし汁が染みこむので、切り干し大根はそのままでOK! ツナの旨みもご飯に溶けだして、噛むたびにおいしさが広がります。華やかな柚子こしょうの香りが、大人の味わい。仕上げに絹さやや青しそなど、青みを散らして彩りを加えてくださいね。

9. 簡単カフェ飯♪ ツナとひじきの炊き込みご飯

ひじきとツナ缶だけで作る炊き込みご飯は、手軽にできて栄養満点。下準備はツナ缶の油を切って、ひじきを水で戻しておくだけです。シンプルなのに、ツナの旨みでおいしさアップ。おにぎりにして、プレートランチでカフェ風ランチはいかがでしょう。

ツナを使った「洋風」炊き込みご飯のレシピ5選

10. あさりとツナの洋風炊き込みご飯

コンソメと醤油のスープにあさりとツナのエキスが加わって、旨みがアップ。 炊き上がるころには小さくきざんだトマトが溶けこんで、酸味がさわやかな味わいになります。仕上げのバターとブラックペッパーの香りで、ちょっと大人の炊き込みご飯は休日のランチにピッタリ!

11. まるごとトマトの炊き込みごはん

トマト1個を丸々つかった炊き込みご飯は、ツナの風味が加わっておいしいトマトライスになります。大人向けには黒コショウをふってスパイシーに。残りを冷凍しておけば、薄焼き卵でつつんでオムライスに変身です。ニンジンやケチャップを使って、お子さんが喜ぶデコオムライスのでき上がり。

12. たけのことツナコーンのにんにくバター醤油ピラフ

あらかじめ具材にはしょうゆやオイスターソースで下味をつけておきます。米と具材を合わせてコンソメで炊き上げたら、バターとガーリックスパイスをプラス。仕上げにパセリを散らすとガリバタ醤油のいい香り~♪ お肉料理に添えて、ガッツリ献立もいいですね。

編集部のおすすめ