ライター : ☆ゴン

カフェやレストランなど外食関連の紹介記事を中心に、豆知識やおいしい料理のレシピなど、皆さまのお役に立つ情報を発信したいと思います。

フランスの家庭料理は意外とシンプル

フランス料理というと、生クリームやバター、肉をたっぷり使用した、リッチで高カロリーなメニューが多いと思われがちです。しかし一般の家庭料理では、野菜を中心としたヘルシーな料理が意外とたくさんあります。

見た目が豪華で濃厚な味わいの料理は、あくまでレストランでフルコースをいただくときの話。フランスの家庭では、いろんな調味料やハーブなどを使うものの、意外とシンプルな調理法と味付けが主流です。

フランスの家庭料理はそんなにむずかしくない

フランスでも日本と同じように、時間と手間をかけて作ることがあっても、作り方が特にむずかしいということはありません。この記事では、フランスの家庭料理を代表するメニューと、レシピを選んでみました。どれもおうちで簡単に作れるものばかりなので、ぜひ一度試してみてください。

【前菜】味わいたいフランスの家庭料理5選

1. レーズンとカッテージチーズ入り。キャロットラペ

千切りのにんじんだけを具材にするキャロットラペは、にんじんの旨味をしっかりと味わる、たいへんポピュラーな前菜です。トッピングのカッテージチーズと、一緒に和えるレーズンがいいアクセントに。

香りのよいりんご酢や、やさしい甘さのはちみつを加えることで、にんじん特有のクセが気にならずおいしくいただけます。

2. 細切りにして焼くだけ。じゃがいものガレット

Photo by macaroni

日本でガレットいえば、そば粉の生地を焼いて四角く畳んだ、ブルターニュ風がよく知られています。

しかしフランスの家庭では、じゃがいもを薄切りや細切りにして、バターで焼くこのガレットが一般的です。味付けは塩のみといたってシンプル。でん粉で焼き固めるため、切ったじゃがいもを水にさらさないのがコツです。

3. サーモンやカッテージチーズをのせて。カナッペ

バゲットやクラッカーの上に具材をのせるカナッペは、華やかで見た目にも楽しい前菜です。簡単に作れるので、ホームパーティーやちょっとした集まりで重宝する、誰もがよく知っている料理。レシピではサーモンとトマト、カッテージチーズをのせていますが、もちろんお好みの食材で構いません。

4. 牛乳パックで作る。カニかまと夏野菜のテリーヌ

テリーヌとは本来、土鍋や深皿などの容器の名称です。いまではその容器に食材を詰めて、オーブンや湯煎で加熱し、ゼラチンで固めた料理を指します。

こちらは、おくらやパプリカなどの夏野菜とカニかまを、牛乳パックを利用して冷やし固めるレシピ。彩りがきれいなうえ、誰でも簡単に作ることができる前菜です。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ