前菜からデザートまで。フランスの家庭料理レシピ12選!

フランス料理は高カロリーなイメージですが、実はフランスの家庭料理はお野菜をたっぷりと使ったものもたくさんあるんです!今回は、そんなフランスの家庭料理のおすすめレシピを前菜からデザートまで12選集めてみました。今夜はどれに挑戦しましょうか?

フランスの家庭料理の特徴

フランス料理というと、生クリームやバター、お肉をたっぷりと使った、豪華で高カロリーなメニューが多いイメージではないでしょうか。でもフランスの家庭料理なら、お野菜をたっぷりと使ったヘルシーなものもたくさんあるんですよ。

フランスの家庭料理は調理法や味付けもとてもシンプルなものが多く、丁寧な作業さえ惜しまなければおいしく作れるものばかり。材料も手に入りやすいものが多いので、ご家庭でも簡単に作れちゃいますよ。

今回は、お家でフランスの家庭料理を楽しみたいみなさんのために、前菜からデザートまでいろいろなメニューのレシピを集めてみました!今夜はぜひ、フランスの家庭料理でちょっぴりおしゃれな夜を楽しんでみませんか?

フランスの前菜レシピ3選

1. キャロットラペ

最初にご紹介するのは、千切りにしたにんじんを使ったキャロットラペ。にんじんのうまみがしっかりと活きたひと品です。香りのよいりんご酢や優しい甘みのハチミツを加えれば、にんじん特有のクセが気にならずにいただけますよ。たっぷりとプラスされたレーズンもよいアクセントになっています。

2. カナッペ

バゲットやクラッカーの上に食材をのせたカナッペは、華やかで見た目にも楽しい前菜です。ホムパや女子会でも活躍してくれそうですね。こちらのレシピではサーモンとトマトの2種類が味わえるものとなっていますが、もちろんお好みの食材を使ってOK。あなたならどんなカナッペにしますか?

3. テリーヌ

たっぷりのお野菜を使うテリーヌ。難しそうな外見とは裏腹に、実は簡単にできちゃうんです!お野菜の下ごしらえさえ丁寧に行えば、とびきり美しいビジュアルのテリーヌができあがりますよ。テリーヌ型がない場合は牛乳パックで代用できるので、気軽にチャレンジできちゃいますね♪

フランスの定番サラダ、スープレシピ3選

4. トマトのファルシ

まるごとトマトの容器にたっぷりの食材を詰め込んだファルシは、ビジュアルもかわいらしいひと品ですね。こちらのレシピでは、トマトとアボカド、そしてゆでたまごをマヨネーズで和えたものが詰められていますが、もちろんお好みのものを入れてOK。どんなメニューにしようか迷っちゃいそう!

5. ラタトゥイユ

お野菜をトマトソースで煮込んだラタトゥイユは、食欲がないときやお野菜不足のときにも嬉しいメニュー。そのまま食べるのはもちろんのこと、お肉やお魚のソースにしたり、バゲットに乗せて食べてもおいしくいただけます。弱火でじっくり加熱して、お野菜の水分とうまみを引き出すのがポイント!

6. オニオングラタンスープ

たっぷりのたまねぎとスープが染み込んだバゲットが魅力的なオニオングラタンスープは、身も心もほっと温まりそうなメニュー。寒い日には特に食べたくなるスープですよね。たまねぎの自然な甘みがクセになりそう。仕上げには、とろけるチーズをたっぷりとプラスするのがおすすめです。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

motte

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう