具材別「里芋の煮物」レシピ30選!味付けマンネリも解消♪

本日は、里芋を使ったおすすめの煮物レシピ30選を一挙大公開しちゃいます。数あるレシピの中から、これぞ!というものをバリエーション豊かに厳選してみました。いつもワンパターンな味になりがちな里芋の煮物も、これさえ見れば脱マンネリ化できるかも!?

里芋といかの煮物レシピ5選

1. まずは基本から!

和食の定番メニューでもある里芋といかの煮物。初めて挑戦する方は、まずは基本のレシピからマスターしていきましょう。おいしく作る最大のポイントは、最後にいかを加えて短時間でサッと煮ることです。里芋はホクホク、いかは柔らかく仕上がるので、小さなお子様やお年寄りでも食べやすいひと品に。

2. 食材をプラスして具沢山に!

里芋といかの煮物に、こんにゃくやにんじん、ごぼうなど、お好きな食材をいくつかプラスして具沢山にしちゃいましょう。ボリューミーで食べ応えも抜群なので、メインのおかずとしても大満足のひと品です。薄切りの生姜をたっぷりと加えると、全体がキリリとひきしまって大人味に仕上がります。

3. 電子レンジで下ごしらえ!

皮を剥くのがちょっぴり難しい里芋は、電子レンジで加熱するとツルンときれいに剥けちゃいます。下茹でも兼ねているので、煮込み時間も短縮できるという嬉しい特典つきです。下ごしらえが済んだら、あとは煮汁を煮絡めていかと合わせればあっという間にできあがり。ご飯が何杯でも進みそうなしっかり味のひと品です。

4. 冷凍里芋と豆いかで手軽に!

里芋の皮を剥いたりいかをさばいたりするのが面倒という方は、冷凍の里芋と豆いかを使えば手間が一気に省けちゃいます。とっても手軽に作れるので、一度覚えてしまえば定番レシピ入りしそうなひと品です。味を染み込ませる時間がないときは、水溶き片栗粉で煮汁にとろみをつけてもGOOD!

5. 蒸してから煮びたしに!

里芋を鍋で煮るのでも、電子レンジで下ごしらえするのでもなく、蒸してから煮びたしにするという少し変わったレシピです。ちょっとひと手間ですが、こうすることで素材の持ち味が存分に生き、より洗練された仕上がりに。柚子の皮をおろして散らすと、より上品な味わいが楽しめます。

里芋とひき肉の煮物レシピ5選

6. フライパンひとつで!

最初から最後までフライパンひとつでできる超お手軽なレシピです。ひき肉を炒めたら、あとは残りの材料を順番に加えていくだけのとってもシンプルなひと品。ひき肉は豚でも鶏でも、お好なものを使用してOKです。汁が多めなので、このままご飯の上にかけて丼にしてもおいしそう!

7. 揚げなす入り!

里芋とひき肉の煮物に揚げなすをプラスして、ガツンと食べ応えのあるメインおかずにしちゃいましょう。里芋にもなすにも味がしみしみで、白いご飯のお供にも最適なひと品です。辛いものがお好きな方は、唐辛子や豆板醤を加えてピリ辛仕立てにするのもアリ。冷めてもおいしいので、お弁当のおかずにもぜひどうぞ。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

pomipomi

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう