8. チョコレートやいちご味

メレンゲクッキーにチョコレートを付けてメレンゲショコラを作り、アラザンやフリーズドライのいちごをトッピング。半量はいちごパウダーを加えて、ほんのり甘酸っぱくピンク色に仕上げています。色を付けたり、絞り方を変えたり、お好みのアレンジで仕上げも楽しんでみて。

9. アーモンドをのせて

メレンゲクッキーにアーモンドをトッピングして焼いています。カリッとしたアーモンドがアクセントに効いていて、ほろっと口の中で崩れて楽しい食感に。ナッツ類のほか、トッピングシュガーやアラザンなどでも◎

10. ココナッツとコーンフレーク

もっと食感を加えたいなぁ、という時に、ココナッツとコーンフレークを加えてみてはいかが?歯ごたえが出て風味もアップしますよ。ココナッツの甘い香りがふわっと香ります。メレンゲにココナッツとコーンフレークを混ぜ合わせたら、スプーンですくって天板にのせて焼き上げます。

11. グラノーラを加えて

メレンゲクッキーよりもザクザクした食感を強くしたいなら、グラノーラやナッツをたっぷり入れたこちらのレシピがおすすめ。粗く刻んで、泡立てたメレンゲと混ぜ合わせます。卵白の気泡を潰さないように、さっくりと混ぜましょう。卵白は冷凍できるので、卵黄のみを使った時に冷凍しておくと◎

12. アマンドセック

甘さ控えめでアーモンドを味わう、アマンドセックです。生地にもアーモンドプードルを混ぜ込み、たっぷりのスライスアーモンドをかけて焼いています。じっくり噛み締めるとアーモンドの風味が残って、とまらないおいしさ。塩を少し入れても、アーモンドのうま味が引き立ちますよ。

メレンゲクッキーを作ってみよう!

メレンゲクッキーの失敗しないコツや、基本レシピからアレンジレシピまでご紹介しました。さくっと軽~い食感を出すためには、うまくメレンゲを作ることと、焼き方にもポイントがありましたね。失敗しないコツをおさえておけば、口金を変えて絞ったり、味や色をつけたり、他の材料を加えてアレンジしたりと、応用しても難なく作ることができますよ。 そのまま食べてもいいし、クリームを挟んだりアイスクリームなどのトッピングにもOK。 メレンゲクッキーをマスターして、おやつやおもてなし、プレゼントギフトに作ってみてくださいね。
▼あんなものでもメレンゲが作れちゃう!
▼卵白消費にはこちらもおすすめ♪

編集部のおすすめ