ライター : KIBO LABO キボー ラボ

調理師 / フードコーディネーター

山口県山口市出身。東京での雑誌記者を経て、ライターをしています。大学・病院案内、行政の観光情報などの固いものから、グルメ・美容まで幅広いジャンルを執筆。イタリア料理とスペイ…もっとみる

かさ増しにも◎チャーハンにはキャベツを使おう!

キャベツを炒めると聞くと、野菜炒めが一番に思い浮かぶ方が多いと思いますが、チャーハンに入れて炒めてもキャベツ特有の甘みが増しておいしく食べることができます。しっかり炒めるとやわらかくて食べやすいので、小さなお子さまにもおすすめです。 ちょっと余ってしまったキャベツの芯の部分は、細かく刻んでチャーハンに入れると最後まで使い切ることができます。ダイエット中の方は、ご飯を減らす代わりにキャベツを多めに入れて、かさましをしてあげるとヘルシーなチャーハンを作ることもできますよ!

ツナ缶入りキャベツチャーハン5選

1. ツナとキャベツとおかかのチャーハン

ツナ缶がひとつあれば、家庭にそろっている調味料でできます。キャベツと玉ねぎ、ピーマン 、にんじんを使って仕上げます。もっとヘルシーに仕上げたい方は、ツナ缶のオイルをしっかり切って使いましょう!

2. ツナとキャベツとかまぼこのチャーハン

よく炒めるとツナとキャベツのチャーハンの味に深みが出るのでおすすめです。お肉を炒める工程もないので、急いでいるランチや簡単に食べたいときにおすすめですよ。子どももたくさん食べてくれそうです。

3. ツナとキャベツの生姜チャーハン

生姜とゴマ油の風味で、さっぱりとしたキャベツ入りチャーハンです。フライパンで具材を炒めたら、ご飯を入れて仕上げるだけ!とっても簡単に作ることができます。チャーハンの上にはのりをのせてあげると、磯の香りが食欲をそそりますよ。

4. ツナとキャベツの一味マヨチャーハン

一味がピリリと効いたキャベツ入りチャーハンです。ツナ缶の汁を入れることで、出汁が効いておいしくなります。味付けにマヨネーズも入るので、オイル系のツナ缶を使うときは、チャーハンを炒めるときに使う油を控えるとカロリーカットになりますよ。

5. ツナとキャベツとしめじのチャーハン

オイスターソースを入れるとプロが作るチャーハンの味に近くなります。オイスターソースは塩辛いので、塩加減には注意して作りましょう。しめじを入れてあげるとかさましにもなるし、やわらかい食感と甘みが出ていつものキャベツチャーハンの味が広がりますよ。

特集

FEATURE CONTENTS