ライター : morico

地域情報雑誌、洋風居酒屋の店長を経験。現在はフリーライターとして活動中です*

タイ料理の定番ごはん「ガパオライス」とは?

Photo by macaroni

どこの国発祥?ガパオライスはどんな料理?

ガパオライスはタイ料理のパッガパオガイ(鶏肉のホーリーバジル炒め)が原型の、日本人が食べやすくアレンジした料理です。発祥はタイと言えますが、ガパオライスは日本特有の料理名なんですよ。

豚ひき肉に赤パプリカをホーリーバジルと一緒に炒め、ナンプラーや砂糖で味付けをする料理です。日本ではホーリーバジルよりも手に入りやすいスイートバジルを使って作るのが一般的ですよ。

ガパオライスの味は辛い?

ガパオライスには赤唐辛子が入っているため、ピリ辛な味わいです。ガパオライスを提供しているお店やレシピによっては、赤唐辛子の代わりに豆板醤を使っているところもあります。赤唐辛子よりも豆板醤を使ったほうが辛さが抑えられます。自分で作る場合、辛さが苦手なひとは赤唐辛子を入れずに作ってみましょう。辛みがなくても十分おいしくいただけますよ。

タイにはない?「ガパオライス」という料理名

ガパオの意味

日本人には聞き慣れない「ガパオ」という響き。実はガパオというのは、ハーブの名前なんです。シソ科メボウキ属の植物で、日本名ではホーリーバジルというバジルの一種。クセのない味わいと爽やかな香りが人気のキッチンハーブです。日本ではなかなか手に入らないため、代用としてイタリア料理にも使われるスウィートバジルを使うのが一般的。タイではホーリーバジルを使って作るんですよ。

タイで「ガパオライス」と注文すると……?

タイのお店で「ガパオライス」と注文しても通じない、ということを皆さんはご存知でしたか?タイ料理は「鶏肉のバジル炒めごはん」のように、食材をどのように調理しているかが料理名になります。有名なトムヤムクンも、「トム」=煮込む、「ヤム」」=混ぜる、「クン」=えびというふうに、「えびの混ぜ煮込み」というような料理名になっているんです。

そこを「ガパオライス」と伝えてしまうと、「ホーリーバジルとごはんだけ!?」と驚かれてしまうかも。それではどのように注文すればよいのでしょうか。オーソドックスな鶏肉のガパオライスが食べたいときは「カウ パッ ガパオ ガイ」と注文しましょう。「カウ」=ごはん、「パッ」=炒める、「ガパオ」=ホーリーバジル、「ガイ」=鶏肉なんです。

「カウ パッ ガパオ」のあとに言う食材の名前を変えれば、鶏肉以外のガパオにもなります。「ムー」=豚肉、「タレー」=シーフードの意味です。
Photos:8枚
白い器に盛られたガパオライス
ガパオライスが黄色の器にもられている
白い皿に本格鶏肉ガパオライスが盛られ、スプーンが横に置かれている様子
白い皿にお手軽ガパオライスが盛られている様子
ベージュの皿にレンチンガパオライスが盛られている様子
薄緑色の皿に辛くないガパオライスが盛られている様子
緑色の皿に和風ガパオライスときゅうりやトマトが盛られている様子
青い皿に盛られた炊き込みガパオライスが2つ並んでいる様子
一覧でみる
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ