タイ料理の「ガパオ」の意味は?ガパオライスの食べ方やレシピも伝授

タイ料理の中でも人気のガパオライス。日本人の口にも合う味つけで、最近では多くの飲食店で見かけるようになりましたね。そんなガパオライスの「ガパオ」って何?なんとなく食べているけれど、よく知らないことも多い、ガパオライスについてお教えします!

タイ料理の定番ご飯「ガパオライス」

近年ぐっと馴染み深くなった東南アジアの料理。中でもタイ料理は専門店も増え、とても身近な味になってきましたね。タイ料理といえばトムヤムクンが有名ですが、今回はタイ料理人気にともなって目にするようになってきたガパオライスに注目してみましょう。

ご飯ものとしてはタイ料理の定番のガパオライス。子供でも食べやすく、手軽に作れるので食卓のレパートリーに入れたいひと品ですよね。だけど、どんな料理かと聞かれるとイマイチ定義がわからないような……。今日はそんなガパオライスとはどんな料理なのか、「ガパオ」の意味や作り方、食べ方もご紹介します。

ガパオライスってどんな料理?

ガパオライスを日本語で言うと「バジル炒めご飯」。日本では、鶏肉を使用したガパオライスが多いですが、本場タイでは鶏肉のみならず、豚肉や魚介、キノコなど様々な食材が使われます。赤ピーマンとバジルの緑の取り合わせが美しく、その他黄パプリカなども入っていることも。材料を炒め合わせて、オイスターソースやナンプラーなどで味付けし、ご飯にかけていただきます。目玉焼きを乗せて食べるのが一般的なようです。

最近ではタイ料理専門店だけでなく、カフェご飯としても多く取り入れられるようになってきました。コンビニやお弁当チェーンなどでもガパオライスが販売されるようになったところには、ガパオライスの人気がうかがえます。

ガパオライスはタイではごくごく一般的な料理で、日本で言うとカレーと同じくらい馴染み深い料理なんだそうです。お腹が空いたら「とりあえずガパオライス」という人もいるほど。タイの食堂にはどこにでもある、タイの国民食なんですね。

タイにはない?「ガパオライス」という料理名

ガパオの意味

日本人には聞き慣れない「ガパオ」という響き。実はガパオというのは、ハーブの名前なんです。シソ科メボウキ属の植物で、日本名ではホーリーバジルというバジルの一種で、クセのない味わいと爽やかな香りが人気のキッチンハーブです。日本ではなかなか手に入らないため、代用としてイタリア料理にも使われるスウィートバジルを使うのが一般的。タイではホーリーバジルを使って作るんですよ。

タイで「ガパオライス」と注文すると……?

タイのお店で「ガパオライス」と注文しても通じない、ということを皆さんはご存知でしたか?タイ料理は「鶏肉のバジル炒めご飯」などというように、食材をどのように調理しているかが料理名になります。有名なトムヤムクンも、「トム」=煮込む、「ヤム」」=混ぜる、「クン」=海老というふうに、「海老の混ぜ煮込み」というような料理名になっているんです。

そこを「ガパオライス」と伝えてしまうと、「ホーリーバジルとご飯だけ!?」と驚かれてしまうかも。それではどのように注文すればよいのでしょうか。オーソドックスな鶏肉のガパオライスが食べたいときは「カウ パッ ガパオ ガイ」と注文しましょう。「カウ」=ご飯、「パッ」=炒める、「ガパオ」=ホーリーバジル、「ガイ」=鶏肉なんです。

「カウ パッ ガパオ」の後に言う食材の名前を変えれば、鶏肉以外のガパオにもなります。「ムー」=豚肉、「タレー」=シーフードの意味です。

本場タイ人のガパオライスの食べ方

さて、ここでガパオライスの食べ方のお話です。ご飯と具を全部混ぜてから食べるのか、それとも具を少しずつ崩しながらご飯と一緒に食べるのか。どちらが本場の食べ方なのか気になりませんか?

食べ方に特別な流儀はないようですが、本場タイの人はご飯と具は混ぜずに食べる人が多いようです。目玉焼きを崩し、半熟の黄身をからめたり固焼きの場合は細かく切ったりして、具材と混ぜてご飯と一緒にいただきます。全て混ぜてから食べても、マナー違反ということにはならないようですよ。

基本のガパオライスレシピ

オーソドックスなガパオライスの作り方です。

水煮のタケノコもはいって、シャキシャキとした食感が楽しいですよ。フライパンひとつで作れるので、ササッと手早く食べたいおうちランチにもピッタリ。オイスターソースがコクと深みを出してくれます。ナンプラーを加えるだけでエスニックな味わいになるので、手軽に本格ガパオライスが作れるのはうれしいですね。

こちらのレシピでは豚ひき肉を使用していますが、鶏ひき肉や、細切れ肉を使用してもおいしく仕上がるので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

ITEM

アライド バランス フィッシュソース(ナンプラー)

内容量:200ml

¥303〜 ※2018年6月7日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

ガパオライスでタイ気分♪

いかがだったでしょうか?人気のタイ料理・ガパオライスについてのあれこれをお話しました。タイの人が大好きな国民食は、作るのには敷居が高いかと思いきや、おうちで手軽に作れることがわかりましたね。

「ガパオ」の名の秘密や現地での注文の仕方もわかれば、一度は本場タイでガパオライスが食べてみたい!と夢が広がりますね。まずはおうちで作るガパオライスで、タイ気分を味わってみませんか?

特集

SPECIAL CONTENTS