タイ料理の「ガパオ」の意味は?ガパオライスの食べ方やレシピも伝授

タイ料理の中でも人気のガパオライス。日本人の口にも合う味つけで、最近では多くの飲食店で見かけるようになりましたね。そんなガパオライスの「ガパオ」って何?なんとなく食べているけれど、よく知らないことも多い、ガパオライスについてお教えします!

2018年12月4日 更新

タイ料理の定番ご飯「ガパオライス」

近年ぐっと馴染み深くなった東南アジアの料理。中でもタイ料理は専門店も増え、とても身近な味になってきましたね。タイ料理といえばトムヤムクンが有名ですが、今回はタイ料理人気にともなって目にするようになってきたガパオライスに注目してみましょう。

ご飯ものとしてはタイ料理の定番のガパオライス。子供でも食べやすく、手軽に作れるので食卓のレパートリーに入れたいひと品ですよね。だけど、どんな料理かと聞かれるとイマイチ定義がわからないような……。今日はそんなガパオライスとはどんな料理なのか、「ガパオ」の意味や作り方、食べ方もご紹介します。

ガパオライスってどんな料理?

ガパオライスを日本語で言うと「バジル炒めご飯」。日本では、鶏肉を使用したガパオライスが多いですが、本場タイでは鶏肉のみならず、豚肉や魚介、キノコなど様々な食材が使われます。赤ピーマンとバジルの緑の取り合わせが美しく、その他黄パプリカなども入っていることも。材料を炒め合わせて、オイスターソースやナンプラーなどで味付けし、ご飯にかけていただきます。目玉焼きを乗せて食べるのが一般的なようです。

最近ではタイ料理専門店だけでなく、カフェご飯としても多く取り入れられるようになってきました。コンビニやお弁当チェーンなどでもガパオライスが販売されるようになったところには、ガパオライスの人気がうかがえます。

ガパオライスはタイではごくごく一般的な料理で、日本で言うとカレーと同じくらい馴染み深い料理なんだそうです。お腹が空いたら「とりあえずガパオライス」という人もいるほど。タイの食堂にはどこにでもある、タイの国民食なんですね。

タイにはない?「ガパオライス」という料理名

ガパオの意味

日本人には聞き慣れない「ガパオ」という響き。実はガパオというのは、ハーブの名前なんです。シソ科メボウキ属の植物で、日本名ではホーリーバジルというバジルの一種で、クセのない味わいと爽やかな香りが人気のキッチンハーブです。日本ではなかなか手に入らないため、代用としてイタリア料理にも使われるスウィートバジルを使うのが一般的。タイではホーリーバジルを使って作るんですよ。
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

uni0426

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう