2. トマトすき焼き風牛肉のしぐれ煮

Photo by macaroni

甘辛い味が定番の牛肉のしぐれ煮にトマトをプラスしたレシピ。まるでトマトすき焼きのようなコクと酸味を楽しめます。コツは、はじめにトマトだけを焼いて水分を飛ばすことと、調味料を煮詰めること。このふたつで味わい深いしぐれ煮に仕上がりますよ。 お好みで大葉の千切りを添えれば、さらに爽やかさアップ。

3. 牛肉とごぼうの梅しぐれ煮

定番の牛肉×ごぼうのしぐれ煮に梅干しをイン。煮汁に加えると、コクと酸味とほどよい塩分がプラスされて、いつもとは違った味わいに。使う梅干しによって違った味に仕上がりそうですね。梅のさっぱり感に、ごはんをお代わりしたくなること間違いなしです。

4. 牛肉とエリンギのしぐれ煮

エリンギを組み合わせた牛肉のしぐれ煮は、ほかのきのことは違うコリコリした食感を楽しめます。しっかり噛んで食べるのでヘルシーにボリュームアップができるのも魅力。生姜の香りをきかせて大人味に仕上げれば、ごはんのお供だけでなくお酒のおつまみにも喜ばれますね。

5. 牛肉と玉ねぎのしぐれ煮

牛肉×玉ねぎだけで作るしぐれ煮は、玉ねぎの甘さが引き立つひと品。ごぼう独特の香りがあまり得意ではない、というお子さんもこれならパクパク食べてくれそう。とろけるほどやわらかな玉ねぎと、牛肉の旨みがたまりません。 お弁当の副菜にも良いですし、ごはんにのせて丼風にするのもおすすめ。

しぐれ煮の日持ち&保存方法

しぐれ煮は粗熱をとったあと清潔な保存容器に移し保管してください。牛肉のみを使ったレシピの場合、冷蔵庫では4〜5日、冷凍で保存では約1ヶ月の保存が可能です。お弁当に入れる際はレンジで温めて、粗熱を取ってから詰めてくださいね!

お好みの食材を合わせて「牛肉のしぐれ煮」を作ろう♪

幅広い年代で親しまれている「牛肉のしぐれ煮」。甘辛い定番の味をマスターしたら、お好みの食材を組み合わせてアレンジしてみませんか?きのこや玉ねぎ、トマトやごぼうなど組み合わせによって新しいしぐれ煮の味に出会えますよ。 水分をしっかり飛ばしておけば作り置きできる点もしぐれ煮の魅力。お酒のおつまみやごはんのおかずなど、あるとうれしいひと品なので、ぜひ家族みんなで味わってみてくださいね。
▼牛肉を使った人気の作り置きレシピはこちら

編集部のおすすめ