東北で愛される「芋煮」のレシピ。あなたは山形風? 宮城風?

山形では秋になると、河川敷で「芋煮」を食べるのが恒例行事だそう。この記事では、そんな芋煮の基本レシピや、味付けを変えて楽しむ作り方などをご紹介します。お家で作るのはもちろん、アウトドアにもピッタリ!ホクホクの里芋で温まってくださいね♪

2019年9月13日 更新

東北の郷土料理「芋煮(芋煮汁)」

黒いお椀によそわれた芋煮

Photo by donguri

芋煮は、山形県に古くから伝わる郷土料理です。親しい友人や親戚と河川敷で芋煮を食べる「芋煮会」は、山形の秋の風物詩となっているそう。現在では町おこしのためにテレビや雑誌でも紹介され、全国的にもその名が広がっています。

山形県だけでなく、青森県を除く東北地方では定番の家庭料理で、地域によって味付けや具材に微妙な違いがあります。秋に河川敷などで作られるため、シンプルな煮汁で野菜や肉を豪快に煮込む作り方が特徴です。本場山形では、〆にカレールーを加えて楽しむのが定番なのだとか。

山形は醤油!芋煮の基本レシピ

材料(2~3人分)

芋煮の材料

Photo by donguri

・牛肉(切り落とし)……100g
・里芋……3個
・こんにゃく……1/2枚
・長ねぎ……1/2本
・だし汁……400cc
・酒……大さじ1杯
・醤油……大さじ1杯
・みりん……大さじ1杯

作り方

1. 下準備をする

カットした芋煮の具材

Photo by donguri

こんにゃくと里芋は塩でもみ洗いします。長ねぎは斜め切りに、牛肉、こんにゃく、里芋はひと口大に切りましょう。こんにゃくの臭いや里芋のぬめりが気になる方は、下ゆでしてから使うといいですよ。

2. 具材を煮込む

里芋を煮込む写真

Photo by donguri

鍋にだし汁、酒、里芋、こんにゃくを入れ火をつけます。沸騰したら中火にし、里芋に火が通るまで10分ほど煮込んでください。

3. 味付けをする

芋煮に味付けをする写真

Photo by donguri

牛肉、長ねぎ、醤油、みりんを加え、アクを取りながらひと煮立ちすれば完成です。ここで味をみて薄ければ、塩少々(分量外)を加えて調整してください。

作るときのコツ

アクのある食材の下処理は丁寧に、煮込む際は2回に分けるのがポイントです。芋煮に使われる一般的な食材は、「里芋」「牛肉」「ねぎ」の3つ。そのほかはお家にある好きな野菜で作ってみてくださいね。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

donguri

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう