ライター : donguri

レシピフードライター

グルメと旅が大好きな主婦ライター。最近はシンガポールや台湾などアジアの料理にハマっています。"ラクしておいしい"を日々研究中!読んでいて楽しくなるような記事をお届けしたいと思…もっとみる

山形名物 納豆もち!

Photo by donguri

皆さんは「納豆もち」を食べたことはありますか?山形県民なら誰もが知る人気料理で、県内にある小学校でアンケートをとったところ、ずんだ餅をおさえ人気ランキング1位に輝いたこともあるそう。山形だけでなく、宮城や秋田など東北地方では知られています。 シンプルな作り方ですが、意外と思いつかないアレンジの納豆もち。今回は、基本レシピと人気アレンジ3選をご紹介します。

納豆もちの基本レシピ

Photo by donguri

お餅の上に納豆のせるだけ?と思いきや、本場山形の味に近づけるためのポイントが。そのコツを押さえれば、まるでつきたてのお餅を食べているような食感に◎ ご飯と相性抜群な納豆が、お餅と合わないはずがありませんよね♪

材料(1人分)

Photo by donguri

・餅  2個 ・納豆 1パック ※レシピ中で熱湯を使用します。

作り方

1. 納豆を混ぜる

Photo by donguri

パックに付属されているタレを加えて、納豆をかき混ぜます。あわ立つくらいしっかりと混ぜましょう。
2. 餅を焼く

Photo by donguri

トースターにお餅を入れて、プクっと膨らむまで4~5分焼きます。使用するトースターによって加熱時間は異なるので、確認しながら調整してくださいね。
3. お湯につける

Photo by donguri

深めの器にお餅を入れ、しっかりと浸るまで熱湯をそそぎます。やわらかくなるまで5分ほど待ちましょう。

盛り付け

1. お餅を皿にのせる

Photo by donguri

水気を切ったお餅を、お皿に盛り付けます。
2. 納豆をかけてできあがり!

Photo by donguri

手順1で混ぜておいた納豆を、お餅の上にかけて完成です。

納豆もちを作るときのコツ

焼きたてのお餅ではなく、お湯につけて、しっとりやわらかくさせたものを使うのがポイントです。こうすることでつきたてのような食感になるのと同時に、納豆とお餅が絡みやすくなる効果も!トッピングにネギや生姜をのせて食べてもおいしいですよ♪
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS