茨城名物をおうちで楽しむ!「そぼろ納豆」の作り方

茨城名物の「そぼろ納豆」を食べたことはありますか?切り干し大根と納豆で作るそぼろ納豆は、素朴な味わいが魅力の郷土料理です。納豆の独特な味わいと粘りに、切り干し大根のシャキシャキ食感の組み合わせはクセになること間違いなし!基本の作り方と、アレンジレシピ5選をご覧ください。

2019年8月29日 更新

ライター : Uli

パンシェルジュ / フードコーディネーター

ハワイ大学留学後、旅行会社に就職。国内外の食文化に魅力を感じ、現在はレシピ系記事をメインにライターをしています。お手軽料理から、パン・スイーツまで、さまざまなレシピを発信中…もっとみる

そぼろ納豆の基本レシピ

Photo by uli04_29

そぼろ納豆は、納豆の生産地として知られている茨城の伝統的な料理です。茨城では、家庭で手作りするだけでなく、市販のそぼろ納豆も一般的なのだとか。 今回は、切り干し大根とパックの納豆を使った、簡単なそぼろ納豆の作り方をご紹介していきます。ごはんのお供としてはもちろん、お酒のおつまみや、お茶漬けにしてもおいしくいただけますよ。

材料(2人分)

・切り干し大根(乾燥)……15g ・納豆……2パック ・しょうゆ……大さじ1杯 ・みりん……大さじ1杯 ・酒……大さじ1杯

作り方

1. 切り干し大根を水で15分ほど戻す

切り干し大根を水でさっと洗い、水に15分ほど浸します。

2. 切り干し大根の水分を絞って食べやすい長さに切る

水で戻した切り干し大根の水気をぎゅっと絞り、適当な大きさに切ります。包丁で切っても、ハサミで切ってもOKです。

3. フライパンに切り干し大根と調味料をすべて入れて弱火で炒める

フライパンや小鍋に、切り干し大根としょうゆ、みりん、酒を入れて弱火にかけます。調味料が全体に混ざるように、ざっと混ぜながら炒めましょう。

4. 調味料の汁気がなくなったらボウルで納豆と混ぜ合わせる

調味料の汁気がなくなったら、火をとめます。ボウルに納豆と、付属のたれとからしを入れ、炒めた切り干し大根を加えます。しっかり全体を和えたら完成です。

特集

FEATURE CONTENTS