【ラーメン通必見】うどんじゃないよ♪高知発のB級グルメ鍋焼きラーメンがアツい

ラーメンにも鍋焼きがあるってご存知ですか?意表をついたおいしさの鍋焼きラーメンは、高知県が発祥の地。このおいしさを全国へと、今もっとも元気なご当地ラーメンのひとつです。自宅でも簡単に味わえるおすすめの通販商品と、アレンジレシピのご紹介です。

2017年12月28日 更新

洲崎名物鍋焼きラーメン

ぐつぐつと煮たったスープに卵やちくわ。ふたを開けた瞬間、立ち上る湯気にいっきに期待が高まる鍋焼きは、おうどんが一般的ですね。ところが、高知県洲崎市周辺では、鍋焼きと言えばラーメンというのが一般的な光景です。

鍋焼きラーメンは洲崎で生まれたローカルフード。戦後から今にいたるまで、市民に親しまれてきたB級グルメです。あっさりとしながらも、コクのある味わいで愛されてきた鍋焼きラーメン。いったいどんな味わいのラーメンなのでしょう。

鍋焼きラーメンって?

高知県の郷土料理!

ラーメンどんぶりということばもあるくらい、ラーメンはどんぶりで食べるのが一般的です。その常識を大きく変えたのが、鍋焼きラーメンの生みの親、谷口食堂の店主、谷口兵馬(ひょうま)さん。

ラーメンを出前するときに冷めてしまうことを嫌った谷口さんは、保温性のたかいホーロー鍋で届けることを思いつきます。これが鍋焼きという形のルーツとなりました。

鍋焼きラーメンはそのスタイルだけでなく、食べあきないあっさりとした味が特徴です。当時は食料難の時代、具材は洲崎周辺で手軽に入手できるものが中心。基本的には、すまきと言われるちくわのような練り物を中心に、ねぎや卵、鶏肉といたってシンプルです。

あっさりとしつつ、うまみが濃厚なスープは、鶏ガラベースのお醤油味が基本形です。これは、鍋焼きラーメン発祥の店、谷口食堂の斜め向かいに鶏屋さんがあったのがきっかけとか。その鶏屋さんから分けてもらった鶏ガラを利用して、あっさり濃厚なスープの開発に成功したのです。

独特のスタイルとあっさり濃厚なスープの鍋焼きラーメンは、市民に愛され、瞬く間に谷口食堂は地域の人気店となりました。1980年に店主が亡くなったことで、谷口食堂は閉店されましたが、鍋焼きラーメンの復活を待ちのぞむ熱烈なファンの呼びかけにより、現在では40軒以上のお店が鍋焼きラーメンを提供するように。

また、2002年には鍋焼きラーメンを通して町の活性化をはかろう、とする運動も巻き起こります。高知県のいち市町村から生まれた鍋焼きラーメンは、全国へはばたく今もっとも元気なご当地ラーメンのひとつなのです。

鍋焼きラーメンには定義がある!?

全国へ、次世代へ、とスローガンをかかげる鍋焼きラーメンには、7つの定義があります。

その1.スープは鶏ガラベースのお醤油味であること。
その2.麺は細めのストレート、固めのゆで加減であること。
その3.具材は鶏肉、ねぎ、生卵、ちくわ(すまき)であること。
その4.器は土鍋(ホーロー、鉄鍋)であること。
その5.ラーメンはアツアツの沸騰状態で提供されること。
その6.たくわんも一緒に提供されること。
その7.「おもてなし」の心をこめること。

いかがですか?なかなか厳しい定義ですが、愛すべき鍋焼きラーメンの味を伝えたい!という熱い思いが伝わってきますね。洲崎では、この定義を踏まえつつ、お店ごとに工夫を凝らした鍋焼きラーメンがたくさん。心からのおもてなしを受けられますよ。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

yuco_1111

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう