7. 甘酢と味噌で食べる!手開きのイワシ

お刺身にできるほど新鮮なイワシを、甘酢に味噌を溶かして作るタレに絡めながらいただきます。

イワシはウロコを取って丁寧に手開きします。塩を多めに振って置き、最後に塩を酢で洗い流すのがポイント。これで身が締まり、上からかける甘酢がよくなじみます。食べやすいようひと口大に切り分けてもいいですね。

【煮物】イワシの人気レシピ8選

8. 梅干しと生姜で!イワシのさっぱり煮

Photo by macaroni

和食の定番、イワシの梅煮を家庭で簡単、お手軽に作れるレシピです。臭み消しの生姜と梅干しを加えた煮汁でコトコト煮ると、イワシの中までしっかりと味がしみこみます。梅干しの酸味で、青魚独特のクセや匂いも気になりません。

煮ている間に、ときどきスプーンで煮汁を回しかけるようにすると、煮汁が少なくて済むうえ、照りが出るのでおすすめです。

9. さっぱりとおいしい!イワシのふっくら煮

Photo by macaroni

イワシは独特のクセが気になるという人もいますが、たっぷりの生姜で煮込むと、さっぱりとした味わいに仕上がり、とても食べやすいんですよ。コツは調味料が煮立ってからイワシを入れること。煮汁が冷たいままだと、魚の匂いが煮汁に移ってしまうため注意してください。

仕上げに千切り生姜を天盛りすると、見た目と食感のアクセントになります。

10. ごはんに合う!イワシのうま味噌煮

梅煮はもちろんのこと、生姜煮もイワシ煮付けの定番ですが、そこへ味噌を加えることで、コクのある濃厚な味わいになります。独特のクセや匂いも抑えられ食べやすく、おかずにぴったり!

はじめに生姜の千切りと椎茸をフライパンで炒めるのが、いつもの生姜煮のレシピと違うところです。

11. 穏やかな味わい!イワシの生姜煮込み

イワシの煮付けというと、頭と内臓を取った姿のままか筒切りが一般的ですが、このレシピでは開いて煮ます。味付けは醤油やみりんなど、常備している調味料を使います。思い立ったときに作れるので、安心ですね。

生姜を薄切りにして加えるため風味がよく、イワシの臭みが気になりません。イワシの味を堪能できるひと品です。

12. 圧力鍋で簡単!イワシのイタリアントマト煮

オイルサーディンがあるくらいですから、イワシをイタリアン風に煮てもおいしいですよ。トマトの水煮やセロリと一緒に圧力鍋に入れたら、あとは40分ほど加圧するだけ。骨がほろりとくずれるほど、やわらかいイワシの煮物ができあがります。

パスタやバゲットをつければおしゃれなディナーになるうえ、ワインのおつまみにしても相性抜群です。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ