ライター : ayuren

関西出身、東京在住の食べ歩きライター。旅行先でのおいしい情報もお届けします♪

日本で食べられているイワシは3種類!

マイワシの特徴

3種類の中でもっとも代表的なイワシが「マイワシ」です。加工されることなく鮮魚として店頭に並ぶ機会が多いので、みなさんも目にする機会が多いでしょう。側線に沿っていくつか黒い斑点が並んでいるのが特徴ですよ。

ウルメイワシの特徴

「ウルメイワシ」は極端に鮮度落ちが早い魚なので、鮮魚としてスーパーに並ぶ機会はほとんどありません。マイワシに比べて目が少し大きくて目玉が潤んでいるように見えるのが特徴です。ウルメイワシの名前の由来は、この目玉の特徴からきているのですよ。

カタクチイワシの特徴

3種類のイワシの中でも、細く小さいのが「カタクチイワシ」です。大きいものでも14~15cmほどしかありません。シラスやちりめんじゃこに使われているのがこのカタクチイワシなのですよ。ほとんどが加工にまわされるので、生の刺身で食べる機会は無いかもしれませんね。

旬の時期は種類によって違う

マイワシの旬

一般的にマイワシの旬は5月~10月と言われています。旨みが強いのが特徴で、焼くだけでとってもおいしくいただけますよ。煮ても揚げても蒸しても楽しめるので、さまざまな調理法で重宝されていて、煮干しにも最適です。旬のマイワシはトロっとしていて、刺身にもおすすめですよ。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS