ライター : TAMA39

「笑う門には福来る」をモットーに日々奮闘中。。。の主婦です。全国のオシャレなCaféやグルメの旅に出るのが夢です(^.^)宜しくお願いしますm(__)m

いわしの内臓の取り方

Photo by keiko39

いわしは、目が濁っておらず、よく太っているものを選びましょう。身の色は黄味がかったものより、青味がかっているもののほうが新鮮です。

用意するもの

Photo by keiko39

・包丁 ・まな板の代わりに牛乳パックを開いたもの(※においが付くのを防ぐため) ・使い捨てビニール手袋(あれば) ビニール手袋は、外れないように輪ゴムで止めるのがベスト。においがなかなか取れないため、気になる方は使用しましょう。

手順

1. 包丁の背を使って、尾から頭にかけてそぐようにウロコを取る。※あとで皮を剥ぐ場合は、この工程は省いても可。

Photo by keiko39

2. 頭を取り、お腹を青線の部分で切り、内臓を取り出す。

Photo by keiko39

3. 流水で内臓や血合いを念入りに洗い流す。

Photo by keiko39

【さばき方1】いわしの開き方(手開き)

Photo by keiko39

1. 開いた部分に親指を入れ、尾のほうへスライドさせるようにお腹を開く。やわらかいので、簡単に開きますよ。

Photo by keiko39

2. 背骨の部分に親指を入れ、骨を剥がすように取る。

Photo by keiko39

3. 尻尾のほうまで剥がしたら、ポキンと折る。

Photo by TAMA39

身と骨を取ると、下の画像のようになります。

Photo by keiko39

4. 脇の骨の部分を削ぐように切る。

Photo by keiko39

以下のように、余分な部分を切り取りましょう。

Photo by keiko39

裏返すと、下のような感じです。

Photo by keiko39

5. 皮を、頭のほうから手で剥がす。

Photo by keiko39

全部剥がすと、下のようになります。

Photo by keiko39

【さばき方2】いわしの三枚おろし

1. 内臓を取り出し、背骨の上から包丁を入れる。

Photo by keiko39

2. そのまま尻尾まで切る。

Photo by keiko39

3. ひっくり返して裏面も同じように切る。

Photo by keiko39

三枚におろすと、下のようになります。

Photo by keiko39

4. 脇の骨の部分を削ぐように切る。

Photo by keiko39

5. 頭から尻尾に向けて、皮を剥がす。

Photo by keiko39

剥がしたら完成!下の画像は、いわし2尾分です。

Photo by keiko39

いわしをさばくときのポイント

内臓はしっかりと取り除く

内臓は臭みの原因となるので、残さず取り除きましょう。仕上げとして、きれいに洗い流すことも忘れないでくださいね。

特集

FEATURE CONTENTS