沖縄県民が教える!定番おやつ「ヒラヤーチー」の作り方

沖縄でおやつとしてよく食べられる家庭料理に「ヒラヤーチー」があります。材料も少なく、作り方もとっても簡単なヒラヤーチーは甘くはなく、お好み焼きや韓国のチヂミのように、おかずにもできるので、家族みんなで楽しめますよ♪

おやつに沖縄料理はいかがですか?

みなさんはいつもおやつに何を食べますか?ケーキ?せんべい?それとも、フルーツや焼き芋という方もいるかもしれませんね。ポテトチップスやチョコレートもおやつとしてポピュラーですが、それではなかなか小腹がみたされることはないですよね。
沖縄では、ヒラヤーチーといって、おやつの時間やちょっと小腹が空いてきたときに食べる家庭料理があります。とっても簡単にできて、大人から子供まで楽しめるお料理なんですよ。

ヒラヤーチーって?

お皿に盛り付けたヒラヤーチー

Photo by cestalavia

ヒラヤーチーは、サーターアンダギーやポーポーと並ぶ、沖縄のポピュラーな「おやつ」の一つ。小麦粉を水で溶かした生地に、ニラやシーチキンなど具材を入れて焼いていきます。子供のおやつとしてだけではなく、おとうさんの酒のつまみや、居酒屋のメニューとしても定番です。
「ヒラヤーチー」という名前は、沖縄の方言でヒラ(平たい)とヤーチ(焼いたもの)を合わせたもの。見た目は、薄いお好み焼きのようなもので、韓国のチヂミによく似ています。
ポーポーと同じように、小麦粉を水で溶かしただけで生地ができてしまうので、とても簡単ですし、入れる食材もニラや小ねぎ、シーチキンといった、簡単にそろえられるものなので、急いでいるときや、ちょっと小腹を満たすにはもってこいの料理です。

ヒラヤーチーの基本レシピ

お皿に盛り付けたヒラヤーチー

Photo by cestalavie

沖縄でよく作られるヒラヤーチーの定番のレシピをご紹介します。沖縄では、このレシピを基本として、他の具材を加えてみたり、少し変えてみたりしています。そのまま食べることが多いですが、最近はソースや七味、花がつおをふりかけて食べる人も増えてきていますよ。

材料(3〜4人分)

ヒラヤーチーの材料

Photo by cestalavie

・小麦粉 150g
・水    200〜250cc
・卵    1個
・ニラ   1束
・ツナ缶  1缶
・顆粒だし 適量
・トッピングとして紅しょうが適量

作り方

カットしたニラ

Photo by cestalavie

1. ニラを2cm幅にカットします。
ボウルで混ぜ合わせる写真

Photo by cestalavie

2. ボウルに卵、水、小麦粉、カットしたニラ、ツナ、顆粒ダシを加えて混ぜ合わせます。生地は薄く焼き上げるために、ゆるくなるように水の量を調節してください。目安は、お好み焼きの生地よりだいぶ柔らかいぐらいです。
フライパンに生地を流し入れる写真

Photo by cestalavie

3. フライパンに油を薄くひき、お玉一杯分の生地を流し入れ、薄く広げていく。
作り方

Photo by cestalavie

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

cestalavie

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう