ライター : Uli

パンシェルジュ / フードコーディネーター

ハワイ大学留学後、旅行会社に就職。国内外の食文化に魅力を感じ、現在はレシピ系記事をメインにライターをしています。お手軽料理から、パン・スイーツまで、さまざまなレシピを発信中…もっとみる

画像付きで解説。基本のバニラマカロンの作り方

Photo by uli04_29

調理時間:約60分(※生地を乾燥させる時間、マカロンを冷ます時間は含みません。)

フレンチメレンゲを使ったマカロンのレシピをご紹介します。

マカロンの作り方は「固めのメレンゲに粉類を混ぜる」「マカロナージュ」「絞り出して乾燥」そして、「焼く」の4つの工程からなります。初めての手作りマカロンで完璧に作るのはむずしいとされていますが、ポイントを押さえることで、おいしいマカロンを作れます。

※マカロナージュとは、大きな泡を潰しながら生地を混ぜていく工程のこと。コツは下で説明しているので、参照してくださいね。

材料(4〜5人分)

Photo by uli04_29

〈マカロンコック(マカロン本体)〉
・卵白……35g(約1個分)
・アーモンドパウダー……35g
・グラニュー糖……30g
・粉砂糖……40g
※アーモンドプードルとアーモンドパウダーは同じものなので、表示がどちらのものを使ってもOKです。

〈バタークリーム〉
・バター……50g
・卵黄……1個
・グラニュー糖……10g
・水……小さじ1杯

マカロンコックの作り方

1. 粉類をふるっておく

Photo by uli04_29

アーモンドパウダーと粉砂糖を、一緒にふるっておきます。

2. メレンゲを作る

Photo by uli04_29

卵白を泡立てます。最初はグラニュー糖を入れず、泡立ち始めてきたら2~3回に分けてグラニュー糖を加えます。

Photo by uli04_29

しっかりツノが立つ、固いメレンゲにします。

3. メレンゲと粉類を混ぜ合わせる

Photo by uli04_29

2に、1を数回に分けて加えながら、ヘラでさっくりと混ぜます。ボウルを片手で回し、まんべんなくメレンゲを潰さないように混ぜるようにしましょう。

Photo by uli04_29

メレンゲと粉類が混ざって馴染んだら、ヘラやカードで生地表面の泡を潰すようにやさしく押しつけながらボウルを回します。この作業が、マカロナージュです。

Photo by uli04_29

生地がやわらかくなってきたと感じたら、こまめに生地の具合をチェックしましょう。ヘラを持ち上げて、生地がリボン状に垂れるまでやわらかくなればOK。垂れて落ちた生地の跡がゆっくりと消えていき、生地に光沢が出るのがベストな状態です。

4. 生地を絞る

Photo by uli04_29

生地を口径5~10mmの丸口金をつけた絞り袋に、そっと入れます。生地はとても繊細なので、触りすぎて負担をかけないようやさしく絞り袋に入れましょう。

Photo by uli04_29

鉄板の上にクッキングシートを敷きます。慣れないうちは、コピー用紙や裏紙に作りたいマカロンの大きさ(3~4cm)の円を描いたものを下書き、その円に生地を絞り出すといいですよ。

Photo by uli04_29

口金をクッキングシートから1~2cm離して、垂直に構えたら、固定したまま生地を絞り出します。最後は、少し斜めに持ち上げるように切りましょう。

Photo by uli04_29

鉄板の底を叩いて、生地を広げるようにします。絞り出した部分が馴染んで、目立たなくなるようにしてください。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ