もう脇役なんて言わせない!紅しょうがが主役になるレシピ15選

何かと添えられるばかりの紅しょうが。家で食べる機会も多くはないですよね。思いつくレシピはお好み焼きやたこ焼きなどワンパターンでそろそろ飽きていませんか?そこで、今回はメインのおかずからおつまみにまで紅しょうがを活用したレシピをご紹介します。

2018年10月19日 更新

見かけと味はバツグンの存在感

牛丼屋さんでは必ず見かける紅しょうが。関東の人には日常的には馴染みはないですが、関西圏では冷蔵庫に常備されているものなのです。
梅酢に漬けられきれいに染まった赤が、色味にも味にも良いアクセントを与えてくれますよ。なのに家で思いつくレシピと言えば、お好み焼きに混ぜたり焼きそばに添えたり……。存在感はあるのに、紅しょうがの良さを引き立てるレシピを実は知らないですよね。

そこで今回、普段何気なく作っているアノおかずに加えたり、紅しょうがをメインのおかずにする驚きレシピをご紹介します!

いつものアレに混ぜるだけ!紅しょうがのおかずレシピ5選

1. 紅しょうが入りだし巻き卵

いつも作っている手順のだし巻き卵に、汁気を絞り刻んだだけの紅しょうがをいれて焼くだけの簡単レシピです。紅しょうがのちょっとした塩気がプラスされるだけでなく、彩りも鮮やかに、シャキシャキとした食感も加わります。いつもの朝食のおかずに紅しょうがを加えただけで、良い変化球を与えてくれそうですよね。

2. 豚肉と紅しょうがの唐揚げ

唐揚げといえば、鶏肉を使うのが一般的ですが、このレシピでは豚肉を使うのがポイント。鶏肉だと揚がるまでに時間も掛かり火の通りも心配ですが、豚肉を丸めて揚げるだけなので、時短にもなりますよ♩紅しょうがのパンチが効いて、食欲も増す一品です。

3. 紅しょうがのかき揚げ

続いては、余った紅しょうがを一気に使い切ることの出来る、お役立ちレシピです。えのきをいれることで、紅しょうがの辛みをマイルドにし、お子さんでも食べやすくなります。サクサクとした食感に紅しょうがの辛みがやみつきに。おかずとしてもおいしいかき揚げですが、ビールにも良く合いますよ。
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう