ライター : donguri

レシピフードライター

グルメと旅が大好きな主婦ライター。最近はシンガポールや台湾などアジアの料理にハマっています。"ラクしておいしい"を日々研究中!読んでいて楽しくなるような記事をお届けしたいと思…もっとみる

大根の漬物におすすめの部位

大根は、上のほうが甘く、下にいくほど辛味が強くなります。葉に近い、大根の首の部分は、水分が多くみずみずしい味わい。やや硬めの歯応えが魅力です。また、辛味がないため、生で食べやすいですよ。

大根の中央部分は、やわらかく、色がきれいなのが特徴。ほのかな辛味と甘味を楽しめます。食感もよく、大根のおいしさを感じられますよ。

大根の下部は、水分が少なく強い辛味があります。水分が少ない分調味料が染み込みやすいです。また、繊維質で歯応えのある部位でもありますよ。

野菜ソムリエが漬物におすすめしたいのは、大根下部です。しっかりと味が馴染むうえに、パリッパリッと歯触りのよい漬物に仕上がりますよ。

ここまで監修していただいた方

こんにちは!野菜や果物の持ち味を活かす食べ方を提案する、野菜ソムリエの稲吉永恵です。ローフードマイスターの資格も活かしながら、野菜や果物を日々気軽に取り入れる方法をご紹介しています♪

甘酢で作る。大根の漬物

Photo by donguri

調理時間:5分(※漬ける時間は除く)
保存期間:冷蔵で2~3日


さっぱり食べられる甘酸っぱい漬物は、箸休めにぴったり。食べる分だけカットしてそのつど漬けておくと、日が経つごとに味が染み込んでおいしさがアップしますよ。作り置きにも向いているレシピです。

材料(4人分)

Photo by donguri

・大根……1/2本

〈調味料〉
・酢……大さじ2杯
・塩……大さじ1杯
・砂糖……大さじ4杯
・酒……小さじ1杯

作り方

1. 大根を切る

Photo by donguri

大根の皮をむき、縦に2~4等分にします。大根の太さによって調整してください。

2. 大根を漬ける

Photo by donguri

保存袋か保存容器に、大根を入れます。

Photo by donguri

調味料を加え、冷蔵庫でひと晩寝かせます。

編集部のおすすめ