白だしで作る「白菜の浅漬け」の簡単レシピ。すぐ食べたいときの作り方も◎

今回は、ご飯やお酒のお供になる「白菜の浅漬け」のレシピをご紹介します。白だしを使えば、しっかり味が決まりますよ。また、漬け込む時間がとれない方のために、即席で作る方法も伝授!パパッと作れる副菜を、レパートリーに入れてみませんか?

白だしで作る「白菜の浅漬け」の基本レシピ

白いお皿に盛られた白菜の浅漬け

Photo by KIBO LABO キボーラボ

白菜を細切りにして、ポリ袋で揉み込んで簡単に作るレシピです。忙しいときにさっと漬け込んでおけば、少し時間を置いただけでおいしく食べることができます。今回は、味がいやすい白だしを使った、オリジナルレシピを紹介!

材料(4人分)

白菜の浅漬けの材料

Photo by KIBO LABO キボーラボ

・白菜……1/4玉
・きゅうり……1/2本
・にんじん……2cm
・塩……小さじ1杯
・昆布茶……小さじ1杯
・白だし……大さじ1杯

作り方

白菜をカットする写真

Photo by KIBO LABO キボーラボ

1. 白菜、きゅうり、にんじんを細切りにして、食品用ポリ袋に入れます。
調味料を入れる写真

Photo by KIBO LABO キボーラボ

2. 塩、昆布茶、白だしを入れて、全体が混ざるまで揉み込みます。袋の口をよく閉じて、冷蔵庫で冷やしましょう。
白菜の浅漬けの写真

Photo by KIBO LABO キボーラボ

3. 1時間ほどで味が馴染みますが、濃いめにしたい方は2時間ほど漬け込みましょう。器に盛り付けて、できあがりです。

即席で作りたいときは?作るときのポイント

塩分を控えたいなら塩はなくてもOK

塩分を抑えて作りたい場合は、基本レシピから塩をなくしてもOKです。白だしと昆布茶だけで作ると、旨みがほんのりと感じられるやさしい味わいに仕上がりますよ。副菜にはぴったりの味付けです。

すぐ食べたいときはよく揉む!

献立のひと品やおつまみとして即席で作りたい場合は、冷蔵庫で漬け込む時間を短縮する代わりに、しっかりと揉み込みましょう。揉んでいると、シャキシャキした野菜がしだいにしんなりしてきます。仕上げに5〜10分ほど冷蔵庫に置けば、完成です。

手作り浅漬けの日持ち

浅漬けはあまり塩分が高くなく、しっかり漬け込んでいるわけではないので、あまり長く日持ちしません。できるだけ、一度で食べきれる量を作るように心がけましょう。もし冷蔵する場合でも、1〜2日以内には食べ切ってくださいね。

白菜の浅漬けの人気レシピ3選

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

KIBO LABO キボー ラボ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう