ピリ辛うどん餃子

みじん切りの白菜キムチを混ぜ込み、ピリ辛に仕上げたうどん餃子です。うどん・肉・ニラ・キムチの組み合わせは、パワフルな食べごたえ。お酒が止まらない、おいしさですよ。 餃子では珍しい「鶏挽き肉」を使ってるのがポイント、手作りならではのアレンジが光るレシピです。

うどん餃子に何つける?おすすめのタレ5選

醤油

世界に誇る万能調味料「醤油」。親しみのある旨味とコクで、シンプルにうどん餃子を味わうことができるタレです。 からし醤油にするとピリッと引き締まり大人の味に。おろし生姜やネギ・ゴマなどの薬味を加えると、お酒のおつまみにピッタリです。

ポン酢

柑橘類の爽やかな香りと醤油の旨味が絶妙なバランスの「ポン酢」、サッパリ・こってりと、どちらの料理にも合う調味料です。 大阪人がこよなく愛する味なので、高槻発祥うどん餃子との相性は間違いないでしょう。お好みでからしポン酢や、マヨネーズと和えた「マヨポン」にしても◎

お酢+コショウ

お酢+コショウたっぷりのシンプルなタレは、餃子そのものの味をしっかりと感じることができるのが魅力です。 挽き肉&にんにく増量のガッツリ系うどん餃子でも、爽やかなこのタレならどんどんお箸が進みそう。ラー油をプラスすると風味がアップしますよ。

醤油ダレ

餃子のタレとしての定番「醤油ダレ」は、もちろんうどん餃子にもよく合います。サッパリとした酢醤油に、ピリ辛のラー油がアクセント。 醤油・酢・みりんを4:3:1で混ぜ、ラー油を数滴加えると手作りできますよ。ポイントは「みりん」、お酢の酸味ををまろやかにしてくれます。

味噌ダレ

神戸や宇都宮で有名な「味噌ダレ」、酸味が少なくしっかり味が好みの方にオススメです。お味噌のコク深い味わいが楽しめますよ。 味噌・醤油・みりん・酢を2:2:1:1で混ぜます。お味噌が混ざりにくい場合は、耐熱容器に入れてラップをかけ、数秒レンジ加熱して再度混ぜましょう。

編集部のおすすめ