コーヒーやワインと一緒に♪ビスコッティのおいしい食べ方やレシピをご紹介

「ビスコッティ」ご存知ですか?イタリアで親しまれている、ガリガリ食感のお菓子です。輸入食品店で見かけることが多いかもしれません。ビスコッティの食べ方や、自宅で簡単に作れるレシピをご紹介します。さっそく、明日の朝食にコーヒーと一緒にどうぞ♪

イタリアでは定番の「ビスコッティ」

小腹がすいたとき、どんなおやつを食べていますか?果物や、スナック菓子、ナッツなど、色々な選択肢がありますね。今回ご紹介するのは「ビスコッティ」です。ビスコッティは、イタリアの伝統的なお菓子で、朝食・おやつ・食後のデザートと様々なシーンで活躍する、ガリガリとした食感が特徴のお菓子です。

ビスコッティの名前の由来や、美味しい食べ方、作り方などをじっくり掘り下げていきます。通販の商品も紹介しますので、興味のある方はぜひ一度購入してみてくださいね。

「ビスコッティ」と「カントッチョ」

ビスコッティは、イタリアの伝統菓子です。日本では輸入菓子でを扱うお店などで見かけることが多い、硬い食感が特徴のビスケット。「ビス=2度、コット=焼く」という意味で、ビスコッティはその名の通り2回焼くのが一般的な作り方です。ひとまとめにした生地をオーブンで焼き、それをスライスしたものをもう一度焼きます。2度焼くことで水分が飛ぶので、長期保存も可能です。

ビスコッティは、イタリアのなかでも特にトスカーナ地方で親しまれていて、「カントッチョ」と呼ばれています。イタリアで「ビスコッティ」と言うと、クッキーのようなものを指すことが多いので、探すときは「カントッチョ」を覚えておくと便利です。

ビスコッティの食べ方

ザクザクとした食感が特徴のビスコッティ。バターやオイルをほとんど使わずに作られるので、クッキーやケーキなどにくらべるとヘルシーなお菓子です。少量ずつ食べることで、満足感も得られるので、間食に向いています。

小麦粉、卵、砂糖などを使った製法で、作り方はクッキーに近く、味はカステラに似ています。アーモンドやくるみを使ったものが主流です。生地にチョコレートやココアを混ぜ込んだものもあり、バリエーション豊富。ビスコッティはその硬さゆえに、そのまま食べるよりも何かに浸して食べることが一般的です。代表的な食べ方をみてみましょう!

コーヒーにつけて

イタリアでは、朝食にビスコッティを食べることもあります。ザクザクした食感のビスコッティをコーヒーやカプチーノに浸すのは定番の食べ方です。浸して柔らかくなったビスコッティはとても食べやすく、コーヒーの苦み・酸味をマイルドにしてくれます。チョコレート生地で作られたビスコッティは、さらにコーヒーとの相性抜群です。

ワインにつけて

ワインにつけて食べるという、少し大人の食べ方も広く親しまれています。特に、「ヴィンサント」というイタリアのデザートワインとの相性がピッタリ。ビスコッティ自体は素朴で甘さも控えめなので、ヴィンサントの甘さとよく合います。ヴィンサントはそのまま飲むよりも、「ビスコッティと一緒に楽しむもの」として捉えられているくらい、定番の組み合わせです。

アイスにつけて

アイスクリームやジェラートと一緒に食べるのも、とても人気があります。パンケーキにアイスをのせるような感覚で、イメージも湧きやすいと思います。溶けてきたアイスが、ビスコッティをやわらかく食べやすくしてくれるので、小さいお子さんにもピッタリです。アイスの種類を変えれば、色々な味が楽しめますね。

通販で買えるビスコッティ3選

ビスコッティは、スーパーやコンビニではなかなか手に入りにくいかもしれません。輸入食品を扱うお店ではよく見かけますが、ネット通販が便利でオススメです。手軽に購入できるうえに、商品も比較できます。

1. コルシーニ アーモンド カントゥッチーニ

イタリアのトスカーナ地方、コルシニ社がつくるビスコッティ。3代続く、コルシーニ家の伝統の味です。アーモンドがゴロっと入ったビスコッティは非常に食べごたえがあります。代々続く、家庭ならではのあたたかみのある仕上がりで、何度も食べたくなってしまう美味しさです。

2. コモ ビスコッティー

2. コモ ビスコッティー

出典:item.rakuten.co.jp

1,935円(税込)

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

Temi

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう