【基本レシピ】あったかパイシチュー!器選びにもポイントあり

冬の定番料理シチューを、さらに贅沢に楽しめる「パイシチュー」。難易度が高そうに見えますが、冷凍パイシートを使えばとっても簡単に作れます。今回は、パイシチューの詳しい作り方や、中身を変えたアレンジ5選をご紹介!お家でプチ贅沢を味わってみて♪

2018年10月10日 更新

3. パイシートを準備する

Photo by donguri

シチューを冷ましている間に、オーブンを230度に予熱する。冷凍パイシートは、室温で半解凍させる。卵を卵黄と卵白に分け、卵黄は溶いておく。

Photo by donguri

半解凍したパイシートを1/4(使用する器より一回り大きくなるよう)にカットし、めんぼうで軽くのばす。オーブンの予熱が終わるまで、冷蔵庫に入れて冷やしておく。

4. 器に移す

Photo by donguri

シチューが冷めたら、器の6割から7割の高さまで入れる。今回はココットとマグカップを使用します。

Photo by donguri

の卵白を、器のふちに刷毛を使って塗る。刷毛がない場合は指で塗りましょう。

Photo by donguri

パイシートを器にかぶせ、空気が漏れないようにピッタリと貼りつける。表面に卵黄を塗る。

5. 焼きあがったら、完成!

Photo by donguri

230度に余熱したオーブンで10分ほど加熱する。焼き足りないようであれば、時間を増やして調整してください。

Photo by donguri

パイが膨らみ、こんがりと焼き色がつけばできあがり!

パイシチューが膨らまないときは…

ふっくらと膨らんだドーム型のパイを作るコツがあります。まず、シチューは冷めたものを使うのと、器の6割程度の高さにして、なみなみと入れないこと。温かいシチューを使うと湯気でパイが溶けてしまい、失敗の原因に。 もうひとつは、半解凍のパイシートを使うのと、器にピッタリと貼りつけること。パイは温度差によって膨らむので、冷→温の環境を作る必要があります。もし解凍しすぎてしまったら、使用する直前まで冷蔵庫に入れておきましょう。

中身で遊ぼう!パイシチューアレンジ5選

1. ポットパイ

手作りのパイシートを使ったポットパイ。レシピに限らず、オニオンスープや中華スープなどもおすすめ◎具材もウィンナーやベーコン、野菜のみなど、自分好みにアレンジできます。

2. カレーポットパイ

子どもから大人まで大好きなカレーは、たくさん作りすぎて余ってしまうことがありますよね。2日目のカレーもおいしいですが、そのまま食べるにはちょっと飽きてしまいがち。そんなときは、ポットパイにリメイクがおすすめです! ただカレーを使うのではなく、ゆで卵とアボカドを加えて新しさをプラスするのがポイント♪

特集

FEATURE CONTENTS