パティシエが教える「フルーツタルト」の基本レシピ!お店の味に挑戦♪

サクサクしたタルト生地に季節のフルーツがたっぷりのったフルーツタルトは、カラフルで見た目も華やか。そんな人気のフルーツタルトを、基本からプロに学んでみましょう。見栄えを良くするポイントをチェックすれば、お店のような仕上がりになりますよ。

2018年10月10日 更新

タルト生地

粉は混ぜる前にふるい、卵を加える際は、少しずつ加えて分離させないようにしましょう。また粉を入れたらあまりこねたりせず、粉っぽさがなくなってまとまればOK。練ってしまうとタルトのサクサクとした食感がなくなってしまいます。2時間ほど冷蔵庫でねかせてから型に敷きましょう。

デコレーション

タルト生地が完全に冷めたらデコレーションしていきます。いろんなフルーツを使ってデコレーションするときには、淡い色のフルーツを散らして飾り、いちごの赤色やパパイヤ・メロンなどの黄色、キウイの緑といったはっきりとした色のフルーツを見えるように盛ると、メリハリが出て華やかになります。散らすようにバランスを見ながら、ランダムに盛っていきます。 また中心部が高くなるように盛るとボリュームアップして見えます。また下に敷くクリーム(カスタードクリームなど)を少し中心部は厚めにしておくと、きれいな山形を作ることができますよ。

ツヤだし

トッピングに使うフルーツは、飾ってから「ナパージュ」などを塗っておくと、ツヤを出すことができて、きれいに見せることができます。ナパージュは市販のものを使ったり、作ったりすることもできます。アプリコットなどのジャムを薄めて塗っても、簡単にツヤだしができます。
▼きれいにできたら写真を撮ろう♪

好きなフルーツで♩アレンジレシピ5選

1.トリプルベリーのカスタードタルト

イチゴを中心に、ラズベリー、ブルーベリーを加えてトリプルベリーを使った贅沢なタルトです。手間がかかりそうなイメージがありますが、タルト台はフードプロセッサーをで撹拌したり、カスタードクリームはレンジを使った作ります。イチゴやベリーを使うと、見た目も華やかでテーブルがぱっと明るくなりますね。

2. ブルーベリーのタルト

フレッシュブルーベリーをたっぷり使ったタルトです。タルト生地をオーブンで焼き、粗熱を取ったら、生クリームとブルーベリーをたっぷりのせてできあがり!ひと晩置くと味がなじんで食べごろになりますよ。

3.レモンカスタード

甘酸っぱいレモンカスタードクリームを使ったフルーツタルトです。さっぱりとした味がお好みの方や暑い時期などは、爽やかなレモンの酸味がプラスされて後味がすっきりといただけます。

特集

FEATURE CONTENTS