パティシエが教える「フルーツタルト」の基本レシピ!お店の味に挑戦♪

サクサクしたタルト生地に季節のフルーツがたっぷりのったフルーツタルトは、カラフルで見た目も華やか。そんな人気のフルーツタルトを、基本からプロに学んでみましょう。見栄えを良くするポイントをチェックすれば、お店のような仕上がりになりますよ。

2018年10月10日 更新

作り方

1. タルト生地を作ります。ボウルにバターと砂糖を泡立て器で混ぜ、白っぽくなったら卵黄を加えて混ぜます。
バターを泡立て器で混ぜる写真

Photo by Raico

2. 小麦粉とアーモンドパウダーを加え、さっくりと混ぜ合わせます。
アーモンドパウダーを入れる写真

Photo by Raico

3. 粉っぽさがなくなったらひとつにまとめて、冷蔵庫で1時間以上寝かします。
生地を休める写真

Photo by Raico

4. 生地を型よりもひと回り大きくまでめん棒でのばしたら、型に敷きこんでいきます。
めん棒で伸ばす写真

Photo by Raico

5. 指を使って型底までしっかりと生地を入れます。縁から出た生地は、内側に入れ込みます。親指の腹を使って、溝の部分もきれいに生地を入れていきます。
タルト型に入れる写真

Photo by Raico

6. フォークをさして生地に穴をあけたら、冷蔵庫でねかせます。
フォークで穴を開けるところ

Photo by Raico

7. アーモンドクリームを作ります。ボウルにバターと砂糖を入れて練り、卵とアーモンドパウダーを加えて混ぜ、さらにバニラエッセンスを混ぜます。
アーモンドパウダーを入れる写真

Photo by Raico

8. 6に7を入れて平らにならし、180℃のオーブンで20分ほど焼きます。
アーモンドクリームを入れる写真

Photo by Raico

9. カスタードクリームを作ります。ボウルに卵黄、グラニュー糖、薄力粉、コーンスターチを順に入れて混ぜ、温めた牛乳を加えて混ぜたらこします。鍋に戻して炊き上げたら、バターとバニラエッセンスを加えて混ぜ合わせて、バットにあけて冷まします。
カスタードクリームを作っている写真

Photo by Raico

10. タルト生地が完全に冷めたら、9を広げて塗ります。お好みのフルーツを切って水気を取り、バランスよく上にのせていきます。ナパージュなどツヤだしがあれば、塗ってできあがり。
タルトを作る写真

Photo by Raico

おいしく作るコツと盛り付けのポイント

タルト生地

粉は混ぜる前にふるい、卵を加える際は、少しずつ加えて分離させないようにしましょう。また粉を入れたらあまりこねたりせず、粉っぽさがなくなってまとまればOK。練ってしまうとタルトのサクサクとした食感がなくなってしまいます。2時間ほど冷蔵庫でねかせてから型に敷きましょう。

デコレーション

タルト生地が完全に冷めたらデコレーションしていきます。いろんなフルーツを使ってデコレーションするときには、淡い色のフルーツを散らして飾り、いちごの赤色やパパイヤ・メロンなどの黄色、キウイの緑といったはっきりとした色のフルーツを見えるように盛ると、メリハリが出て華やかになります。散らすようにバランスを見ながら、ランダムに盛っていきます

また中心部が高くなるように盛るとボリュームアップして見えます。また下に敷くクリーム(カスタードクリームなど)を少し中心部は厚めにしておくと、きれいな山形を作ることができますよ。
2 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

Raico

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう