ライター : bambi

グルメ主婦ライター

奈良県在住、小学生2人を持つ主婦ライターです。奈良県と言えば鹿のイメージが強いと思いますが、美味しい食材もたくさんありますよ。

鴨肉を自宅で調理!人気レシピ34選

鴨肉はしっかりとした肉質で、鶏肉よりも歯ごたえがあります。噛めば噛むほど口の中にうま味が広がり、特別な気分になりますよね。

鴨のロースト、メインや前菜で楽しめるメニューから、ご家庭で簡単に作れるレシピを紹介します!

鴨肉といえばコレ!定番メニュー6選

1. おもてなしに♪ 赤ワインソースの本格鴨肉ロースト

お祝いごとや特別な日にぴったりな、オーブンで作る本格的な鴨肉ローストです。赤ワインベースのたれはパンやサラダと相性抜群!鴨肉を焼くときに出る油は旨味がたっぷりなので、捨てずに残してスープや炒め物などに活用しましょう。

2. ベリーソースをかけて。フライパンで作る鴨肉のソテー

鴨肉の皮は弱火で焼いてじっくりと脂とうまみを出すと、よりおいしくできあがります。フライパンでおいしさを引き出す焼き方をするのでワンパンで本格的なローストができますよ!鴨を焼いたら同じフライパンに、ジャムや赤ワインを入れて温めるだけで、本格的なソースができあがり。

3. 炊飯器で炊き上げる。鴨のコンフィ

コンフィは油脂でじっくりと過熱したフランスの煮込み料理です。油で煮込んだあと、食べる直前に表面を焼くので、外はカリッと中はじんわりとやわらかなひと品です。火加減のむずかしい手間のかかる料理ですが、こちらのレシピでは炊飯器を使って簡単に失敗なくコンフィを仕上げることができます。鴨をやわらかくうま味を感じたいときには、コンフィがおすすめですよ!

4. 手軽なのにお店風♪ せりと三つ葉の鴨鍋

使う野菜はせりと三つ葉のみとシンプルな、せりと三つ葉の鴨鍋です。昆布だしをベースにした出汁に、野菜はさっと火を通すだけにして、シャキシャキ感を楽しんで。少しクセのある鴨肉も、せりと三つ葉が一緒だと抵抗なく食べることができます。

5. きのこもたっぷり。鴨南蛮そば

日本では鴨に合わせる食材として有名な長ねぎ!鴨ねぎそばだけでもおいしいのですが、大きく切ったきのこもたっぷりと添えて、よりうま味の強いだし汁を楽しめます。長ねぎと鴨はいったんグリルで焼き目をつけているのでとても香ばしく、長ねぎはトロッとした甘みも感じられます。鴨肉はだしで煮過ぎると固くなってしまいます。出汁に入れたあとはさっと仕上げるとやわらかく、おいしくできますよ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ