ライター : okaya

インテリア大好きママライター

2児の子育て中のママライターです。インテリアや模様替え、生活小物が大好きで、子育て中でもおしゃれな空間を作りたいと日々奮闘中。映える料理やお皿、リラックスできるティータイムや…もっとみる

沖縄の縁起物お菓子「サーターアンダーギー」とは?

Photo by cestalavie

「サーターアンダーギー」とは、沖縄の伝統的な揚げ菓子のこと。琉球王朝時代から続く、沖縄の歴史になくてはならないグルメです。中国や台湾の揚げ菓子「開口笑(かいこうしょう)」がルーツであると考えられています。

沖縄では、揚げた時にできる割れ目が、“花が咲く”と表現されるほど、縁起の良い食べものですよ。食感が特徴的で、カリカリの衣と、しっとりもちもちの中身を一緒に楽しむことができます。

「サーターアンダーギー」の意味

沖縄の方言で、「サーター」は砂糖、「アンダ」は油、そして「アギ」は揚げることをさします。“砂糖を油で揚げたもの”という意味になり、標準語では「砂糖天ぷら」と訳されることがありますよ。

米軍基地の影響から、サーターアンダーギーは海外でも名前の知られるお菓子です。英語では、単にサーターアンダーギー(Saataa andaagii)と呼ばれたり、「沖縄ドーナツ(Okinawa Donuts)」と呼ばれることも。南国ハワイでは、「アンダギ(Andagi)」の愛称でも親しまれています。

サーターアンダーギーの賞味期限

低温でじっくり揚げるサーターアンダーギーは、暑い日の続く沖縄でも、日持ちしやすいお菓子。手作りでも1週間程度は日持ちするため、一度にたくさん作って作り置きしたり、露店で販売されたりすることもあります。

沖縄県民が教える「サーターアンダーギー」の作り方

サーターアンダーギーは、特にサクサクでカリカリの食感が特徴。その食感を生み出すために、小麦粉・ベーキングパウダーだけではなく、ホットケーキミックスを少量加えます。さらには、沖縄名物でもある黒砂糖を使うことで、甘さを引き出しますよ。

沖縄本場の味を楽しめる、おいしいサーターアンダーギー。ぜひ作ってみてくださいね。

材料(20個分)カロリー:約148kcal/個 (※)

Photo by cestalavie

・小麦粉……300g
・卵……3個
・砂糖……150g
・黒砂糖……30g
・バター……30g
・ホットケーキミックス……大さじ1杯
・ベーキングパウダー……小さじ1杯
・塩……少々(ひとつまみ程度)
(吸油率8%換算、揚げ油 約57g/個分を含むカロリー)

作り方

1. 粉類を混ぜる

Photo by cestalavie

小麦粉にホットケーキミックスとベーキングパウダー、塩を入れて、泡立て器でよくかき混ぜます。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ