ライター : ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも大好きです。母になっても好奇心を大切にしていきたいと常々思っています。みんながハッピーになれるグルメ情報が…もっとみる

ハワイからきた「マラサダ」とは?

マラサダとは、ドーナツを揚げたハワイアンスイーツとして親しまれています。現在では日本にもマラサダが食べられるお店がオープンし、注目を集めていますよ。外側はカリッとした食感は、まるで日本の揚げパンのよう♩マラサダを食べたことがない方のために、マラサダについて詳しくご紹介していきましょう。また、マラサダが食べられるおいしいお店もご紹介していきますね!

マラサダ

マラサダとは?

マラサダはハワイのスイーツとお伝えしましたが、実はポルトガル発祥のスイーツなのです。もともとポルトガルで親しまれていたマラサダを、移民の人々がハワイに広げたのがきっかけなのだそう。伝統的なマラサダはとてもシンプルなスイーツですが、最近では内側にクリームを詰めたものなども販売されています。 原料はラードや小麦粉など。これを混ぜ合わせた生地を焼き、油で揚げたものがマラサダと呼ばれています。ハワイには多くのマラサダ専門店がありますね。日本では映画『ホノカアボーイ』をきっかけにして大ブレイクとなったようです。

マラサダの作り方

マラサダは強力粉、イーストが基本的な原材料となっています。これをよくこねたものを焼き、油で揚げてお砂糖をまぶしたものがオーソドックスなマラサダ。お好みで生地に砂糖やココアパウダーを混ぜておく方法や、シナモンを混ぜておく方法もありますよ。

基本のマラサダの作り方

家庭でマラサダを作る際の基本的な方法をご紹介します。材料は強力粉とイースト、その他に薄力粉、片栗粉、砂糖、コンデンスミルク、牛乳、卵、バター、塩を準備しておきましょう。

1. 一次発酵

全ての材料をしっかりと混ぜ合わせ生地がまとまったところで、一次発酵を行います。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS