ライター : goofy_2s

栄養士 / フードスペシャリスト

スイーツもジャンクフードも大好きだからこそ、毎日のお料理は、できるだけ砂糖、塩分、添加物を控えめに。「よりナチュラルで体が喜びそうな、おいしく簡単な食事を」と、心がけていま…もっとみる

戻さず使える♩大豆水煮の人気レシピ

乾燥大豆のように水で戻す工程が要らない大豆水煮は、ストックしておくと何かと便利なお役立ち食品。缶なら1年以上、レトルトパウチなら数カ月は保存が利くのも助かりますよね。栄養的にも優れているので、災害用の非常食として保管されている方も多いのではないでしょうか。 今回ご紹介するのは、そんな大豆水煮を使ったレシピです。どれも簡単に作ることができ、大豆水煮をざっとお料理に加えるだけで、お豆のほっこり感を手軽に楽しむことができますよ!

ほくほくおいしい♩大豆の煮物レシピ7選

1.五目煮豆

醤油・みりん・お砂糖で味付けする、基本の五目煮豆のレシピです。具材は定番の人参・油揚げを筆頭に、レンコンやタケノコを合わせて食感のアクセントに。全部の材料を同じくらいの大きさに切ることが、おだしの旨みをまんべく染みこませるためのポイントです。

2.切り干し大根と大豆の煮物

切り干し大根と油揚げに煮汁が染みこんでじゅんわり。ふくよかな味わいの秘訣は切り干し大根の戻し汁も無駄なく使うことなので、捨てずにとっておきましょう。ひじきも切り干し大根も成長期に大切なカルシウムや鉄分を豊富に含む食べ物。特に育ち盛りのお子さんには食べてほしい、栄養たっぷりのおかずです。

3.大豆とヒジキの梅煮

梅の香りや酸味が感じられる、爽やかな一品です。鶏もも肉を使っているのでジューシーさもあり、男性にはガッツリめの副菜として、女性にはヘルシーな主菜としても喜ばれそうですね。砂糖・みりん・醤油がベースになっているので、ごはんとの相性もピッタリ。

4.大根と鶏手羽元、大豆の味噌煮

にんにく・しょうがが香り立つ、味噌仕立ての煮物レシピです。だし仕立てのお醤油味とはひと味ちがう濃厚な味付けで、少しだけ入れた豆板醤がさりげなく食欲を刺激します。柔らかな大根や大豆に、しっかりと味を染みこませて食べたいですね。

5.圧力鍋使用豆豚煮

ここからは洋風の煮物をご紹介していきます。まず1つ目は、ブロック肉も大豆も圧力鍋でホロホロに仕上げるコチラのレシピ。味付けは塩こしょうだけなのに、みじん切りの玉ねぎや細かく切ったベーコンからの旨みがスープに溶け出していて、スッキリとした中にコクが感じられる丁度良いバランスになっています。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS