バリエーション豊富!鯖の水煮缶を使った簡単アレンジレシピ15選

長期保存ができて、ストックしておくと重宝する魚の缶詰。加熱処理して調理されているので、料理の調理時間が短くて済むメリットがあります。缶に残った汁にも栄養たっぷり。今回はなかでもメジャーな鯖の水煮缶を使ったアレンジレシピをご紹介します。

便利でコスパ◎!鯖の水煮缶レシピ

旬のお魚はヘルシーで、値段もとてもお手頃。毎日でも食べたい気持ちはあるけれど、魚の下処理や後片付けが面倒なため、ついつい出番が減ってしまいますね。また、お肉に比べると賞味期限が短く、冷凍保存しておくと食感も変わってしまうため、なかなか登場機会がないという方もいるのではないでしょうか。

常備しておくと便利なのが、魚の缶詰!すでに加工されているので、長時間煮込んだりする必要がありません。なかでも、少し手をかけるだけで、ワンランク上のおかずができてしまうコスパの良い鯖缶がおすすめです。今回は、便利な鯖の水煮缶を使ったアレンジレシピを厳選してお届けします!

水煮缶の水はどうする?

鯖の水煮缶を料理で使ったとき、缶に残った汁をどうしようかと迷うことはありませんか?気にせず捨てる人、ごはんにかける人、鍋に入れてだしとともに煮込んでしまう人など、残り汁の扱い方は人それぞれ。

鯖の缶詰の汁には栄養がたくさん含まれているので、捨てるのはもったいないですよ。なかでも一番のおすすめは、だしとして一緒に汁ごと使うこと。加工の段階で、塩分を含みますので、難しい味付けをしなくても味が決まるのもうれしいポイントです。

鯖の水煮で簡単!煮込みレシピ5選

1. 鯖の味噌煮

なんと5分でできてしまう鯖の味噌煮です。時間のない時や、もうひと品おかずが欲しい時に重宝しますね。鯖缶は汁も残さず全部使いましょう。しっかり味なのでごはんが進みます。味噌でコクが生まれ、鯖の旨みもアップ。お酒のおつまみにもぴったりです。最後にショウガや青ネギを散らすとさっぱりいただけますよ。

2. 鯖の味噌キムチ鍋

こちらも鯖缶を汁ごと使った味噌キムチ鍋です。味付けにはコチュジャンやキムチの素をはじめ、味噌も入っているのでスパイシーさもありながらほんのり甘みも感じられます。味噌が加わることで甘みのある味わいに仕上がります。辛さはお好みで調整してくださいね。鯖缶は旨みもあり、キムチとの相性もぴったり。締めには中華麺を入れて、ピリ辛ラーメンにして食べるのはいかがでしょう。

3. 鯖のポトフ

寒くなると食べたくなるポトフのご紹介です。調味料を使わず、鯖缶の汁の旨みで仕上げるため失敗知らず!野菜はレンジで加熱することで柔らかくなり、栄養素も逃がさず食べられます。時短にもなりますよ♩野菜と鯖の旨みが合わさり、優しい味わいです。冷え性の方は、ポトフで身体の芯からぽかぽかに温まってくださいね。

4. 鯖とカボチャのトマト煮

バゲットを添えて、オシャレなトマト煮を食卓に並べましょう。トマト缶を使って、カボチャを煮込むことで、簡単に本格的な洋風煮物ができあがります。オリーブオイルとにんにくの香りが食欲をそそりますね。トマトの酸味とかぼちゃの甘みが絶妙!ワインのおつまみのほか、パスタのソースとしてもアレンジできますよ。

5. 鯖の水煮缶と大根のレモン煮

特集

SPECIAL CONTENTS