実はあの野菜も!?「香味野菜」の種類とおすすめレシピ

香味野菜という言葉は聞いたことあることと思いますが、詳しく知らない人が多いのではないでしょうか。今回はそんな野菜たちに注目。読み終わる頃には香味野菜についてバッチリ!香味野菜を使ったレシピもすぐ作りたくなることでしょう。

2018年10月1日 更新

1. 大葉いなり寿司

大葉の香りが爽やかないなり寿司。いなり寿司は酸味と甘さが強くて苦手という方も、このレシピならさっぱりしていてとても食べやすいです。大葉は綺麗なまま変色しないように、ご飯が冷めてから合わせてくださいね。

2. チキンソテー大葉トマトソース

トマトの酸味と甘さが香味野菜の大葉との相性抜群。付け合わせのソースも同じフライパンで作ることによってコクがプラスされるだけではなく洗い物もすくなくすむので一石二鳥です。いつものチキンソテーに飽きた方はこちらがおすすめです。

2. ミョウガ

こちらも薬味としておなじみの「ミョウガ」。しゃきしゃきとした食感と、清しい風味が特徴です。スッと鼻に抜ける香りが爽やかで、特に暑い時期に人気の食材です。香味野菜として使う場合は、主に風味をプラスするのが目的です。これひとつで料理の雰囲気ががらりと変わるので、いつもと違う味に挑戦したいというときにおすすめですよ。

1. レタスのミョウガのサラダ

レタス、ミョウガ、チリメンジャコという食感に特徴のある3つの食材が混ざるととてもおもしろいです。食感が違うことによって食べ応えも抜群なのにとてもヘルシー。みょうががいいアクセントになっていて、味に変化を与えてくれています。

2. ズッキーニの焼きびたし 香味野菜添え

ズッキーニをさっと焼いてあとは香味野菜を添えるだけのとても簡単なレシピ。しかし簡単とは思えないクオリティ。和風の味付けは白いご飯との相性ばっちりです。夜ご飯のメインのおかずにおすすめです。さっぱりとしていてとても食べやすいですよ。

3. しょうが

煮物、炒め物、汁物……普段の料理に無くてはならない「しょうが」。手軽に使えるチューブタイプも販売されていて、日常的に料理をするご家庭なら必ず常備されていると言っても過言ではないのではないでしょうか。この「しょうが」を使う目的は2つあり、風味をプラスする場合と食材の臭みを消す場合です。今回は、その目的別にレシピをひとつずつご紹介します。
2 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

りこぴん

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう