実はあの野菜も!?「香味野菜」の種類とおすすめレシピ

香味野菜という言葉は聞いたことあることと思いますが、詳しく知らない人が多いのではないでしょうか。今回はそんな野菜たちに注目。読み終わる頃には香味野菜についてバッチリ!香味野菜を使ったレシピもすぐ作りたくなることでしょう。

2018年10月1日 更新

1. 鶏肉と香味野菜のネギ塩サラダ

野菜がモリモリ食べられるひと品です。ごま油が効いた風味豊かなネギ塩ダレで、鶏胸肉とセロリ、玉ねぎを和えました。焼肉のようなおいしさをぎゅっとひと皿に集めたレシピになっています。食欲もかきたてられる香り、そして味にやみつきになることでしょう。

2. エノキとセロリの中華スープ

野菜の甘みとオイスターソースの旨みが十分に活かされているので、顆粒スープいらずで仕上げることができます。仕上げの香りづけのごま油がまたいい仕事をしてくれています。噛めば噛むほどより甘みが出るので、野菜はしっかり噛むようにしてください。

6. パセリ

料理に添えられることも多い「パセリ」ですが、刻んで使うと料理の風味をグッとアップしてくれるんですよ。主に洋風のレシピに使われることが多く、彩りもプラスしてくれるのでぜひ積極的に取り入れたいですね。

1. 冷やしトマトのパセリドレッシング

トマトとパセリの組み合わせでβカロテンをたっぷりと補給することができます。食べる直前までしっかりと冷やしておくとよりおいしくいただくことができます。パセリが苦手という方も多いと思いますが、トマトの酸味と組み合わせると食べやすく、クセが少なくなり、おいしくいただくことができます。

2. シイタケのパセリバター

バターのコクが贅沢なおいしさを演出してくれるこちらのレシピ。シイタケは石づきを取り、十字に四等分にすることでより味が均等に全体に染みわたってくれますので、切り方は丁寧に行ってみてください。最後にパセリを散らすことで、グッと料理が引き締まります。

7. ねぎ

単に食材として使われることも多い「ねぎ」ですが、一緒に煮込むことで臭みを消してくれる効果も。使い方はさまざまで、お肉を下茹でする際に青い部分をまるごと入れたり、細かく刻んで他の食材と一緒に炒めたりなど、目的によって使い分けてみましょう。
4 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

りこぴん

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう