ライター : りこぴん

1児の新米ママしています☆ ママ目線で、女性目線で、主婦目線で、 様々な角度から「食」について考えていけたらなと思います。

香味野菜を活躍しよう!

「香味野菜」をご存じでしょうか。聞いたことはあるものの、いまいちどういうものかわかっていない人も多いかと思います。漢字を見て想像がつくであろう、香りに関わる野菜なのではと予想できます。もちろん間違いではないのですが、それだけではない、意外と奥深いのが香味野菜です。 今回はそんな香味野菜について詳しく、そして香味野菜を使ったレシピをたっぷりと紹介したいと思います。きっと香味野菜はこれからの料理に欠かせない存在となるでしょう。

そもそも香味野菜って?

香味野菜という言葉はよく聞くかもしれませんが、どんなものかご存じでしょうか。香味野菜とは、香りを添え、味を引き立てるために用いられる野菜のことです。 一方、似た言葉で混同しやすい「薬味」は、料理を引き立てるために作られたり、添えられたりするものの総称です。つまり、野菜だけではなく、ハーブや調味料、果物なんかも当てはまります。 香味野菜ではない薬味には、ゆずや唐辛子などがあげられます。

香味野菜を使う目的は?

では、香味野菜の定義をふまえた上での使う目的は一体何が考えられるでしょうか。香味野菜は、おおまかに香りや風味を楽しむために使うものと、食材の臭みを消すために使うものの2通りがあります。どちらも料理をする上で必要不可欠なものですよね。

どんな種類があるの?

香味野菜と聞いてまず思い出すのは、ミョウガやにんにくなどといった定番のものではないでしょうか。他には、紫蘇や生姜など独特の香りが強いものなども思い出すかもしれません。 香味野菜はそれだけではありません。長ネギ、玉ねぎといった普段料理のメインとして使われる食材も香味野菜として活用することができます。他には三つ葉やパセリなどの最後に色付け、おまけとして使うような食材も、香味野菜として十分に活躍されます。

香味野菜の効果的な使い方とレシピ

どんなものが香味野菜か、どんな種類があるかなど一通りわかったと思いますが、実際に料理として使うとなるとどのように使っていいかもわからない方もいることと思います。せっかく得た知識、ご自身の料理で活かしたいですよね。 今回は香味野菜を使った代表的なレシピをたっぷりと紹介したいと思います。これできっと料理の幅も広がること間違いなしです。

1. 大葉

まずご紹介するのは、薬味としても馴染み深い「大葉」です。爽やかな香りと独特な風味が特徴で、料理に欠かせない存在ですよね。香味野菜として料理に使用する場合は、やはりスッキリとした風味をプラスし、他の食材を引き立てるという役割を果たします。野菜、肉、お米……どんな食材と合わせても、その効果を十分に発揮してくれますよ。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS